このページの本文へ

7月登場の「OS X Mountain Lion」、今秋の「iOS 6」概要がついに発表

「WWDC 2012」基調講演レポート(後編)

2012年06月13日 22時00分更新

文● 鈴木淳也(Junya Suzuki)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

OS標準のウェブブラウザー「Safari」が大きく変化

 標準搭載アプリケーションでは、Safariにおける変更が目立つ。まずGoogle検索などに利用していた検索窓がなくなり、アドレスバーにキーワードを入力することで、検索をはじめ、過去の閲覧履歴やブックマークを呼び出すスタイルに変更になった。

話題はSafariに。SunSpiderのスコアを基にJavaScriptの実行スピードをアピール

最新のSafariではレイアウトが変更され、検索エンジン用の窓がなくなった。その代わり、アドレスバーに直接キーワードを打ち込むことで検索を行なったり、過去に開いたページを呼び出したりできる

iCloudタブでは、自身のアカウントで管理されるデバイス(MacやiOS機器含む)のページ閲覧履歴をオンラインで記憶しており、デバイス間をまたがって呼び出せる

 アドレスバー横にボタンが2つ追加されており、「iCloudタブ」ボタンでiOSデバイスを含むほかのマシンとの履歴共有が可能なほか、「Share」(共有)ボタンで閲覧中のウェブページをTwitteやFacebookなどでほかのユーザーと共有可能になっている。

気に入ったウェブページや写真があったら、すぐに「Share」で共有。TwitterやFacebookにそのまま投稿できる

 マルチタッチジェスチャーの種類も増えており、たとえばウェブページの最小表示中にピンチ(指をつまむ)動作を行なうと、表示されているタブの画面一覧が出現し、2本指スクロールでタブ切り替えが可能になる。

マルチタッチジェスチャーの種類も増加。ウェブページを最小表示した状態でピンチ動作(つまむ)を行なうと、現在開いているタブが一覧表示される。スクロールでタブを切り替えて、別のページを開ける

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中