このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

7月登場の「OS X Mountain Lion」、今秋の「iOS 6」概要がついに発表

「WWDC 2012」基調講演レポート(後編)

2012年06月13日 22時00分更新

文● 鈴木淳也(Junya Suzuki)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

リアルタイム3Dレンダリングでインパクト抜群
3D地図表示機能「Flyover」

 “Apple Maps”の最も特徴的なものとして「Flyover」という地図の3D表示機能が挙げられる。以前アップルが買収し話題になったC3 Technologiesの技術に近いもので、写真品質の3D都市モデルがリアルタイムレンダリングで動くため、非常にインパクトが強い。デモではこれを利用してサンフランシスコ上空やシドニーのオペラハウス上空を旋回するように動かして紹介していた。

「Flyover」という機能により、リアルタイム3Dレンダリングされた地図上を自由に移動できる

写真のサンプルはサンフランシスコ市内のTransamerica Pyramidと、シドニーの有名なオペラハウス周辺の景色

「iOS 6」の正式なお披露目は“今秋”

 iOS 6は、一般ユーザーへの提供時期は今秋となる。対応デバイスはiPhone 3GS以降、iPad 2以降、iPod touch(第4世代)以降だ。iPhone 3GSがいまだサポート対象に入っていることに驚く人も多いだろうが、一部地域では低価格端末として現役で販売されていることを考えれば、サポート対象から外すのは難しいのかもしれない。

 なお、提供時期が今秋ということで、「次世代iPhone」との絡みを期待するユーザーも多いだろう。こちらについても、今後3〜4ヵ月をかけて徐々に情報が出てくるはずだ。このあたりも適時追いかけていきたい。


前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中