このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

電アス・ゲーム部第1回

世界最大規模のゲーム関連イベント

ロサンゼルスから取材直帰でお届けします! 電アス・ゲーム部、E3レポ!

2012年06月15日 15時00分更新

文● 2012 電撃ASCII制作委員会

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
E3はまだまだ元気だっ!

最後に気になったソフトは?

ASCII.jp 僕は個人的に、『Crysis 3』『Medal of Honor Warfighter』『Dead Space 3』『SimCity』といったEAのタイトル群。Windows版を含めたマルチでの展開を含め、頑張っているなという印象を受けた。あと、MicrosoftのXbox LIVE アーケードは技術的に進化したかなと思う。Xbox 360タイトルは、パッケージ版の発売後にしばらくしてオンデマンドで販売されたりするので、今後もそういったダウンロード販売のサービスを推していくんじゃないかな。

週刊アスキー やはり印象的だったのは『God of War: Ascension』の人気の高さ。このブースだけ異様に人が集まっていましたね。あと、SCE ヨーロッパでは『BEYOND: TWO SOULS.』に人がたくさん集まっていて、ハードに元気はないけれど、ソフト単体の人気はそれぞれ高いなと思いました。

電撃オンライン 全体的な話をすると、今回のE3の勝ち組はやはりUbisoftなんじゃないかと。一番アピールに成功していた感がある。初日のカンファレンスはMicrosoft、EA、Ubisoft、SCEで、翌日に任天堂という順番だったけど、複数のカンファレンスでさまざまなタイトルをアピールしていたほか、『アサシン クリードIII』のデモが異なる形で流された。あと印象に残って いるのは、SCEのカンファレンスで『アサシン クリードIII リベレーション』というPS Vita版の発表が行われたこと。これをはじめ、PS3とXbox 360版はもちろん、Wii U版も発表するなど、『アサシン クリードIII』のプロモーションはすごく成功したんじゃないかな。 また、『Watch Dogs』をはじめとするクオリティの高いタイトルが数多く揃っていたこともあり、ソフトメーカーのなかでは一番元気だったと思う。

ASCII.jp 今回のE3は予定調和というか、事前に告知されていた発表が予定通り行われたっていう感じが強かった面もありますか?

週刊アスキー 確かに新ハードの発表もなかったし、噂レベルで「あるかも」と憶測されていたソフトなどが結局姿を見せなかったのは残念です。とはいえ、会場の熱気やブースの力の入れ具合を見れば、まだまだE3は元気なんだとも感じましたね。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ