このページの本文へ

イーモバ、将来的に下り最大150Mbpsになる(?)新ルーター

2012年06月06日 11時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 イー・アクセス(イー・モバイル)は、LTE対応のモバイルルーター新製品「Pocket WiFi LTE(GL04P)」を2012年7月に発売する。

 Pocket WiFi LTE(GL04P)の特徴は、LTEの通信規格である「UE Category4」に世界初で対応したモバイルルーターである点。20MHz幅の周波数を利用時に、下り最大150Mbps(上り最大50Mbps)での通信が可能であるとしている。ただし、現在のイー・モバイルでは10MHz幅の周波数しか持っていないため、実際には下り最大75Mbps/上り最大25Mbpsとなる。

 イー・モバイルのLTEサービスである「EMOBILE LTE」のほかに、3Gベースの「EMOBILE G4」(DC-HSDPA対応)の両エリアが利用可能。3Gではイー・モバイルで用いる1700MHzとともに2100MHzの周波数帯にも対応している。バッテリー容量は3000mAhで、LTE利用時の連続通信時間は約9時間。無線LAN部分はIEEE802.11b/g/n、最大300Mbps。

 同社では現在利用している周波数帯に隣接した帯域を将来的に割り当てされるケースがもしあれば、このルーターでより高速な通信が可能になるだろうとコメントしている。

microSDHCにも対応しており、データを共有できる
ハードウェア的には下り最大150Mbps対応だが、現時点でそのスペックが利用できる見込みは立っていない

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン