このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2012レポート特集 第5回

GALAXYブースで近日投入予定の最速「白基板GTX 680」を発見!

2012年06月05日 23時30分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 毎年、Grand Hyatt Taipeiの個室でプライベートショーを実施しているGALAXYだが、例年とは異なり今年は南港展覧館でブースを展開している。

例年とは異なり今年は南港展覧館でブースを展開しているGALAXY。OCイベントも随時行われている

 今回の目玉となるのは「白基板のGTX 680」こと「Galaxy GeForce GTX 680 SOC 2GB」(型番:GF PGTX680-SOC/2GD5 WHITE) だ。
 チャンネルマーケテイングマネージャの東海氏いわく「市販されているGeForce GTX 680搭載ビデオカードとしては最速の製品となるはず」という同モデルは、コア/ブースト/メモリークロックが定格の1006MHz/1058MHz/6008MHzに対し1202MHz/1267MHz/6008MHzにオーバークロックされているという高速モデル。加えて、同社お馴染の「白基板」。こちらはNEC TOKIN製のノイズ対策チップ「プロードライザ」を初めとした高品質な部品がふんだんに使用されるGALAXYオリジナルの基板となる。
 日本での販売は早ければ今月からスタートする見込みで、想定売価は約6万円とのこと。OCユーザー注目の「GTX 680最速モデル」の登場は近い。

「白基板のGTX 680」こと「Galaxy GeForce GTX 680 SOC 2GB」(型番:GF PGTX680-SOC/2GD5 WHITE)。アキバ登場も今月中を予定している

高品質な部品がふんだんに使用されるGALAXYオリジナルの基板を採用。TDPは195Wで、PCI-E電源コネクタは8+8ピンの特殊仕様となる

今日のパフォーマンス予定はないのだが、たまたま居合わせた日本が誇る世界的なオーバークロッカーのduck氏

 なお同ブースでは連日、オーバークロックのデモが行われている。日本からはオーバークロッカーのduck氏も参加。同製品と電圧の設定を手元のスイッチで操作できるGALAXY製の「OCパネル」を使ったオーバークロックパフォーマンスが予定されている。

取材時には台湾のOCチームがVGAの極冷に挑戦中だった

【取材協力】

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中