このページの本文へ

4K2K対応のミドルクラスAVアンプ「デノン AVR-3313」

2012年06月06日 09時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「AVR-3313」
「AVR-3313」

 デノンから、7.2chAVアンプ「AVR-3313」が7月上旬に発売される。希望小売価格は15万7500円。

 AVR-3313は同社ミドルレンジクラスの主力モデル。サラウンド再生用処理回路をブロックとしてそれぞれ独立させた「D.D.S.C-HD」や、CDの16bit音声を24bit精度の音声で再現し、かつマルチチャンネル音声にも対応した「AL24 Processing Plus」といった機能を搭載する。

本体背面。HDMI端子は入力が6つ、出力が3つある。

 4K2K映像信号へのアップスケーリングおよび4K2K信号のパススルー機能を搭載。さらにHDMIは、同社の次世代Blu-ray Discプレーヤーと接続することで、ジッターフリー伝送を実現する「Denon Link HD」端子となっている。

前面のカバーを開いたところ。iPod接続用のUSB端子などを搭載 前面のカバーを開いたところ。iPod接続用のUSB端子などを搭載

 ネットワーク機能では、AirPlayへの対応や96kHz/24bitのFLACファイルなどのハイレゾ音源のストリーミング再生、インターネットラジオの受信が可能。なお、ファームウェアアップデートにより、今年夏ごろには192kHz/24bitのWAV&FLACファイル、Apple Losslessファイルの再生、およびギャップレス再生に対応する予定だ。

 そのほか、iPhoneアプリの「New Denon Remote App」にも対応し、リモートコントロールが可能だ(Android版は今年の夏にリリースの予定)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン