このページの本文へ

10.1型で600gを切る軽さが魅力のAndroid 4.0 タブレット

2012年06月02日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 大画面でも軽量な中国AMPE製のAndroid 4.0タブレット「AMPE A10」がaPad専門店に入荷している。

動画鑑賞に最適な10.1型の大画面液晶搭載のAndroidタブレット「AMPE A10」が発売。IPS液晶やBluetoothなど、高性能タブレットの水準を十分満たす

 AMPE A10は、10.1型(1280×800ドット)のIPS液晶ディスプレーを搭載するAndroidタブレット。1.5GHz動作(Cortex-A8ベース)のCPUにDDR3 1GBのメインメモリー、16GBのストレージ用メモリーを搭載するほか、Bluetoothをサポートするなど基本スペックはなかなかに高性能。それでいて重量は591gと軽いため、扱いやすい大画面タブレットを探している人には注目の製品となりそうだ。

背面は高級感ある引き締まったブラックカラーを採用。大柄な風体ながら重量は591gと軽くて扱いやすい
薄さも1cmを切る9.3mmで、薄型といっていいレベル。側面にはmicroSDカードスロットやHDMI端子、USB端子が並ぶ

 本体サイズは幅266.6×奥行き176.6×高さ9.3mmで、重量は591g。外部ストレージとして最大32GBのmicroSDHCカードを使用可能。IEEE 802.11a/b/g/nの無線LANに対応し、側面にHDMI端子、背面にカメラを搭載する。バッテリー容量は7000mAh。aPad専門店にて店頭価格1万9980円、通販価格2万980円で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン