このページの本文へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第21回

HTCの本気モード全開スマホ「HTC J」は物欲を刺激する

2012年05月30日 12時00分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

よく使うアプリをスグに呼び出せる

 独自UI「HTC Sense」がバージョン4.0に進化し、さらに使いやすくなった。もっとも便利なのは、ロック画面からアプリを呼び出しやすくなったこと。ドックと呼ばれる、ホーム画面下部に最大4個まで、任意のアプリのショートカットやフォルダーを配置することで、いちいち画面ロックを解除せずにお目当てのアプリを起動できる。

下部のアイコンをリングにドラッグ・アンド・ドロップすると、ロック画面を解除せずにアプリを起動できる

ドック内のアイコンの入れ替えは、ドラッグ・アンド・ドロップでオーケーとカスタマイズも楽チンだ

アプリの起動すら不要!?

 さらにお手軽なのが、ロック画面に表示する情報パネルを事前に選択することで、さまざまな情報をロック画面で閲覧できる点。情報パネルは天気や連絡先など計7種類あるが、オススメは「生産性」というパネル。新着メールやSMS/スケジュール/不在着信を閲覧できるだけでなく、各メールなどをロック画面からワンタッチで直接開ける。新着メールなどが複数ある場合でも、ロック画面をスワイプして次々と概要を把握でき、とても効率がいい。情報パネルは1度に1種類しか選択できないが、ロック画面を解除しなくて済むのは、やはり楽チンだ。

 なおロック画面に表示できるメールは、プロバイダーなどのメールを送受信する「メール」の内容となる。「Gmail」や携帯会社のメールを送受信する「Eメール」の内容は表示できないので注意しよう。

設定→「個人設定」→「ロック画面」で「生産性」パネルを選ぶと、ロック画面で各種連絡事項を確認できる

「Friend Stream」というパネルを選ぶと、TwitterやFacebookなどSNSの発言をロック画面で読める。気になる発言を下部のリングにドラッグすると、その発言を直接開けて便利だ

音楽再生中は情報パネルの種類に関係なく、ロック画面を音楽プレイヤーのように利用できる

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン