このページの本文へ

NAS/iSCSIの同時利用、WebやLADPサーバー機能も搭載

テックウインド、3Uで最大64TBのNAS「TS-EC1679U-RP」

2012年05月28日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 5月27日、テックウインドはハイエンドNAS「QNAP Turbo NAS シリーズ」に最大容量64TBの3U型モデル「TS-EC1679U-RP」と「TS-1679U-RP」、1U型モデル「TS-419 UII」を追加した。

Xeon E3-1225を採用し、最大容量64TB(4GB×16)「TS-EC1679U-RP」

 TS-EC1679U-RPはXeon E3-1225(3.1GHz、4コア/4スレッド)と4GBメモリ、TS-1679U-RPはCore i3-2120(3.3GHz、2コア/4スレッド)と2GBメモリを採用。3Uの筐体に3.5インチベイを16基、ギガビットEthernetインターフェイスを4ポート、冗長電源を搭載する。別売りオプションで10GbEにも対応する。

1U筐体にベイを4基搭載する「TS-419 UII」

 一方のTS-419 UIIは、Marvell 2.0GHz CPU、512MBメモリを採用したエントリークラスNAS。1U筐体に3.5インチベイを4基、ギガビットEthernetインターフェイスを2ポート搭載する。

 3製品とも、QNAP独自のソフトウェアにより、NASに加えてiSCSIとしても同時運用が可能。さらにWebサーバーやバックアップサーバー、さらにLDAPサーバーなど、ビジネスユースを想定した機能を内蔵している。従来製品と同様に、各種RAIDレベルに対応するほか、ホットスワップに対応する。価格はオープンプライスだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ