このページの本文へ

迷わないAFで速い合焦を実現! キヤノン「EOS Kiss X6i」

2012年06月08日 14時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 キヤノンからデジタル一眼レフの新機種「EOS Kiss X6i」が発表された。6月下旬発売予定で、ボディーのみの予想実売価格は9万円前後。

「EOS Kiss X6i」。カラーはブラックのみ 「EOS Kiss X6i」。カラーはブラックのみ

 従来の「EOS Kiss X5」の高機能モデルという位置づけで、Kiss X5とその下のクラスである「EOS Kiss X50」は併売となる。

位相差AF用センサー搭載の「ハイブリッドCMOSセンサー」 画像処理エンジンは最新の「DIGIC 5」
位相差AF用センサー搭載の「ハイブリッドCMOSセンサー」画像処理エンジンは最新の「DIGIC 5」

 Kiss X5から撮像素子と画像処理エンジンを刷新。撮像素子は画素数(1800万画素)こそ変わらないものの、位相差AF用センサーを内包した「ハイブリッドCMOSセンサー」を採用している。

 従来機のコントラストAFでは、合焦までのオーバーラン(いわゆるAFが迷っている状態)に時間がかかっていたが、新機種では撮影範囲中央部の「ハイブリッドCMOS AFエリア」内に入っている被写体に位相差AFを用いることで合焦時間を短縮(最終的な合焦にはコントラストAFを使用する)。さらに被写体の追尾AFも利用可能になった。

AFの駆動方式。顔認識+追従AFやライブビュー時に好きな箇所にフォーカスを合わせられるように設定可能だ 設定で「動画サーボAF」が選べる
AFの駆動方式。顔認識+追従AFやライブビュー時に好きな箇所にフォーカスを合わせられるように設定可能だ設定で「動画サーボAF」が選べる

 動画撮影時には、一度捉えた被写体にピントを合わせ続ける「動画サーボAF」の利用が可能。すべてのレンズでこの機能を利用できる。なお、動画は従来通り最大1920×1080ドットの撮影が可能で、Kiss X6iでは新たにステレオマイクを内蔵する(従来はモノラル)。

 AF測距点は9点と従来通りだが、そのすべてがクロスタイプになった(Kiss X5は中央部の1点のみ)。これにより被写体の捕捉力がアップし、さらに中央の1点はF2.8の光束に対応しているため、明るいレンズ使用時にピント精度がアップする。

 画像処理エンジンは、従来の「DIGIC 4」から「DIGIC 5」に変更され、連写速度が向上。Kiss X5の3.7コマ/秒から5コマ/秒になっている。

本体上面。「手持ち夜景」と「HDR逆光補正」はモードダイヤルから選択できる。ストロボ部にはステレオマイクを内蔵 「マルチショットノイズ低減」はメニューから選択する
本体上面。「手持ち夜景」と「HDR逆光補正」はモードダイヤルから選択できる。ストロボ部にはステレオマイクを内蔵「マルチショットノイズ低減」はメニューから選択する

 連写速度が向上したことで、Kiss X6iでは「手持ち夜景」「HDR逆光補正」「マルチショットノイズ低減」といった連続シャッターによる画像処理機能が利用できるようになった。

オート時のISO感度の上限を選択できる オート時のISO感度の上限を選択できる。オート時の上限はISO 6400

 感度はISO 100~12800(拡張設定でISO 25600)まで設定可能。Kiss X5(ISO 100~6400、拡張設定で12800まで)よりも向上している。

背面の液晶モニターは可動式で、かつタッチパネルになった。静電容量式なので動きがなめらか
ライブビュー時の液晶画面。AF方式などの設定はここからタッチで変更できる ライブビュー時の液晶画面。AF方式などの設定はここからタッチで変更できる

 背面液晶モニター(3型、104万画素)が可動式なのはKiss X5と同じだが、Kiss X6iでは静電容量式のタッチパネルになった。画面タッチで被写体へのピント合わせ、AF追尾が可能なほか、画面タッチでピント合わせ&シャッターを切る動作まで行なえる。さらに、写真再生時はピンチ操作で写真の拡大/縮小ができる。

絵画風仕上げ(β版での作例)。左が「油彩風」、右が「水彩風」

 このほか、特殊な画像仕上げができる「クリエイティブフィルター」に「油彩風」と「水彩風」という2種類の絵画風仕上げモードが追加された。

 本体サイズは幅133.1×奥行き78.8×高さ99.8mmで、本体のみの重量は約520gとなる。

 レンズキットは、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」が付属する標準ズームレンズキット(予想実売価格10万円前後)と、18-55mmに加えて「EF-S55-250mm F4-5.6 IS II」が付属するダブルズームキット(同13万円前後)、後述の「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」が付属するレンズキット(同13万円前後)が用意される。

「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」 「EF40mm F2.8 STM」
「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」「EF40mm F2.8 STM」

 Kiss X6iの発表に合わせ、標準ズームレンズのEF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STMと単焦点レンズ「EF40mm F2.8 STM」という2種類の新レンズも発表された。どちらも価格は未定となっている。

 いずれも末尾に「STM」と入っているが、これはステッピングモーターのことでスムーズかつ静かな動作が特徴。特にKiss X6iと組み合わせることで、高速なAFと静かな駆動が相まって、動画撮影時などにAFの音が入らず、かつスムーズな撮影ができる。

 さらに18-135mmレンズは手ブレ補正機能の「ダイナミックIS」を利用可能。ただし、利用できるのは動画撮影時のみとなる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン