このページの本文へ

アキバで恥をかかないための最新パーツ事情2012第1回

知ったかできるパーツ基礎知識【CPU/マザー/メモリー編】

2012年05月28日 12時00分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

旧世代となった“Sandy Bridge”は格安PC構築に最適

 Ivy Bridgeこと第3世代Coreプロセッサー・ファミリーの登場により、自動的に旧世代へと追いやられたSandy Bridgeだがまだまだ人気となっている。
 まず挙げられるのがIvy Bridge世代とのパフォーマンス比較。新型とはいえ劇的な性能向上までとはいえないIvy Bridgeをあえて選択せず、価格も下がって導入へのハードルが一気に下がったSandy Bridgeを選ぶユーザーが多いためだ。

Intel 7シリーズチップセット搭載マザーボード登場のあおりを受けて値下がりしたZ68搭載マザーボード。あえてコチラ狙いというのもなかなか通な買い方かもしれないご覧の通りまだまだ多数のモデルを販売中のSandy Bridge。特にCeleronブランドやPentiumブランドといった下位モデルはいまだに人気だ

 さらに、現時点でローエンド帯をカバーするIvy Bridgeがまだ登場していない点も少なからず影響がありそう。安いモデルでは3000円前後で購入可能なCeleronブランドやPentiumブランドが健在で、セカンドPCならこの程度のCPUでも十分というユーザーも多いようだ。よってIvy Bridge世代のCPUがハイエンドからローエンドまで出揃うまでの間は、まだまだ現役といえる。

Pentium スペック表
CPU Pentium G860 Pentium G850 Pentium G840 Pentium G630 Pentium G630T Pentium G620 Pentium G620T
コア数/スレッド数 2/2 2/2 2/2 2/2 2/2 2/2 2/2
動作クロック 3.0GHz 2.9GHz 2.8GHz 2.7GHz 2.7GHz 2.6GHz 2.2GHz
TurboBoost 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応
倍率ロックフリー 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応
L2キャッシュ 256KB×2 256KB×2 256KB×2 256KB×2 256KB×2 256KB×2 256KB×2
L3キャッシュ 3MB 3MB 3MB 3MB 3MB 3MB 3MB
内蔵グラフィックス機能 HD Graphics HD Graphics HD Graphics HD Graphics HD Graphics HD Graphics HD Graphics
TDP 65W 65W 65W 65W 35W 65W 35W
Celeron スペック表
CPU Celeron G540 Celeron G530 Celeron G440
コア数/スレッド数 2/2 2/2 1/1
動作クロック 2.5GHz 2.4GHz 2.2GHz
TurboBoost 非対応 非対応 非対応
倍率ロックフリー 非対応 非対応 非対応
L2キャッシュ 256KB×2 256KB×2 256KB
L3キャッシュ 2MB 2MB 1MB
内蔵グラフィックス機能 HD Graphics HD Graphics HD Graphics
TDP 65W 65W 35W

小型/低消費電力プラットフォーム向けの
「Atom」プロセッサーは32nm世代へ

 小型/低消費電力向けの「Atom」プロセッサーだが、こちらは新たに32nm世代へ移行。Hyper-Threading Technologyに対応する2コア/4スレッドの製品ながら消費電力を抑えたモデルが多く、すべてマザーボードに組み込まれた状態で提供されているのは従来通り。

製造プロセス32nmのCPU「Atom N2600」(クロック周波数1.6GHz)を搭載する、Jetway製のMini-ITXマザーボード「NF9C-2600」モデルによってはかなり安価な製品もラインナップされる「Atom」プロセッサー搭載マザーボード。とはいえ、性能もそれなりとなる

 ただし、現時点でWindows XPや64bit版OSには対応せず、対応OSは32bit版Windows 7のみとなる点には注意が必要だ。小型で低消費電力のシステムとしては根強い人気があるものの、以前ほどの存在感はなくなってきているかもしれない。

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中