このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第193回

ただの腕時計を目指して“iPod nano腕時計化キット”を衝動買い

2012年05月24日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

DAPなので必ず「再生中」の画面が最優先で表示されてしまう
オススメは「設定」画面で、スリープモードに入ることだ

 iPod nanoは長時間駆動できるDAPが本来の商品であるから、余分なバッテリー消費を抑えるため、液晶画面の照度節減には極めて積極的な動きをする。そのため、普通の腕時計のように常時、現在時刻を表示させようとしても、ある一定時間が経過すると自動的に画面が真っ黒になってしまう。またそうしないと電池が1日も持たない使えない腕時計になってしまう。

どちらかと言えば、iWatchz ELEMETALにはデザイン的に似合わないミニーちゃんも可愛いが、デザイン的にはiWatchz ELEMETALにはミスマッチだ

 LEDを表示部分に採用したクラシカルなイメージの腕時計のなかには、時刻を見たいときに、任意のボタンを押したら一定時間だけ現在時刻が表示され、しばらくすると表示画面はまた真っ黒になる腕時計は多い。そのイメージは、iPod nano+iWatchz ELEMETALも同様だ。

最終的にiWatchz ELEMETAL用に筆者が選んだのはこの文字盤デザイン。いずれはDAPとしても使用したいが、その時はBluetoothのワイヤレス・イヤホンにしたいパッケージに入れるとほとんど普通の腕時計としても通用しそうなオーソドックスな感じ

 音楽データをまったく同期していないiPod nanoなら、現在時刻を知りたくなったら、iPod nanoの「スリープ・スリープ解除ボタン」さえ押せば、約1秒で現在時刻を表示してくれる。しかし、iPod nanoを本来のDAPとしても使う場合、現在時刻を表示させようとスリープ中のiPod nano側面の「スリープ・スリープ解除ボタン」を押しても、必ず「再生中」の画面が最優先で表示されてしまう。

ニキシー管イメージの文字盤は、iWatchz ELEMETAL(右)でもMulti-Touch Watch Band(左)でも似合う文字盤デザインだ2台しか持っていないので、何とも言えないが、iPod nanoは筐体カラーによって文字盤カラーも少し違うのかも

 現在時刻を知るためには、目的外のアイコンを何個かフリックしてパスして、やっと表示された「時計」アイコンをタッチして時計画面を表示することが必要になる。これは瞬時に腕時計を表示させて現在時刻を知りたいユーザーにとっては億劫な操作だ。

iWatchz ELEMETALに似合う、充電具合が見えるUSBケーブルも購入した人間の目は周囲にあるモノに惑わされることが多いが、ほとんどiPod nanoとは気づかないまでにiWatchz ELEMETAL+nanoは周囲に溶け込んできた

 解決方法としてはいくつかあるが、一番簡単なのは、スリープモードに入る時には必ず「設定」画面で、スリープモードに入っておくことだ。時間が経って自然のスリープでも、積極的に「スリープ・スリープ解除ボタン」を押してスリープインしても構わない。そうしておけば、現在時刻を知りたい時に何時でも1秒で知ることができる。3日ほど毎日使ってみたが、「iPod nano+iWatchz ELEMETAL」は価格的には2万円以下。国産の普及帯の価格ではあるが、意外と使える腕時計だ。


T教授

今回の衝動買い

アイテム:「iPod nano 8GB+iWatchz ELEMETAL」
価格:秋葉原クレバリーにて7600円(iWatchz ELEMETAL)で購入

T教授

 日本IBMから某国立大芸術学部教授になるも、1年で迷走開始。今はプロのマルチ・パートタイマーで、衝動買いの達人。
 T教授も関わるhttp://www.facebook.com/KOROBOCLで文具活用による「他力創発」を実験中。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン