このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

デスクトップ並みの快適さ、プレミアムUltrabook 「ENVY14」

2012年05月28日 11時00分更新

文● 日高 彰

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

モバイルできるメインマシン

 ENVY14-3000 SPECTREは、Ultrabookのカテゴリーに分類されているが、一般的な13型モバイルノートの製品では手に入らない余裕とパフォーマンス、そして“道具”として上質なデザインを備えていることが分かる。

 オフィスや訪問先などのほか、自宅でもまとまった量の仕事をするといったモバイルワーカー(今風に言えば「ノマドワーキング」のスタイルだろうか)や、長期滞在型の旅行・出張が多いユーザーには最適なマシンだ。いかなる場所でも腰を据えた作業が快適に行なえて、写真編集や音楽・動画再生でも申し分のない大画面も搭載している。

ソフトケースと、ACアダプターなどを収納するポーチが付属平型のACアダプターにはUSBポートも用意され、スマートフォンなどの充電にも利用できるスグレモノ

 また、特に若いユーザーを中心に「できれば目立つパソコンは部屋には置きたくない。据え置き型のノートPCでもまだ大きすぎる」「でも画面は見やすい方がいいし、動画を見るのにイライラするような低スペックのPCは嫌だ」といったニーズが存在すると思われるが、そのような層にENVY14-3000 SPECTREはうってつけだ。しかもモバイルノートだから、普段は自宅で使っているメインマシンを、いつでも気軽に外へ持ち出せる。

 14型のUltrabookとして登場したENVY14-3000 SPECTREは、「持ち歩けるスタイリッシュなメインマシン」という新しいカテゴリーの先駆けといえるのだ。

主なスペック
製品名 日本HP「ENVY14-3000 SPECTRE
種別 HP Directplusモデル 量販店取り扱いモデル
価格 14万9100円(HP Directplus直販価格) オープンプライス(店頭想定価格13万5000円前後)
CPU Intel Core i7-2677M(1.8GHz) Intel Core i5-2467M(1.6GHz)
チップセット Mobile Intel HM65 Express
メインメモリー 4GB PC3-10600(最大4GB)
ディスプレー(最大解像度) 14型ワイドHD+ラディエンス・ディスプレー(1600×900ドット)
グラフィックス機能 Intel HD Graphics 3000(CPU内蔵)
ストレージ 約256GB SSD(128GB×2) 約128GB SSD
光学式ドライブ
通信機能 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n、オン/オフボタン付き)、Bluetooth 3.0
インターフェース USB 3.0端子(電源オフUSBチャージ機能対応)、USB 2.0端子(電源オフUSBチャージ機能対応)、Mini DisplayPort端子、HDMI端子、ウェブカメラ
カードスロット 2in1メディアスロット(SD/SDHC/SDXC、マルチメディアカード対応)
テレビ機能
サウンド機能 Beast Audioステレオスピーカー、アナログ・ボリュームコントローラー、ヘッドホン/マイクコンボ端子、内蔵マイク
本体サイズ/重量 約幅327×奥行き221×高さ20〜23mm/約1.83kg
バッテリー駆動時間 約9時間30分
OS Windows 7 Home Premium SP1(64bit)

HP Directplus オンラインストア

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ