このページの本文へ

待望のAndroid&Dropbox対応!

Wi-Fi経由でAndroid端末にデータ保存 新「ScanSnap S1300i」

2012年05月21日 13時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PFUは、ワンプッシュで書類をPDF化するパーソナルドキュメントスキャナー「ScanSnap」シリーズのエントリーモデル「S1300i」を5月25日から販売する。価格は、直販サイト「PFUダイレクト」で2万7800円。

ScanSnap S1300i

 前モデルからの追加機能として、スマートフォン/タブレット連携において、iPad/iPhoneに加えてAndroid搭載製品にも対応している。これによりスキャンしたデータをWi-Fi経由でAndroid搭載のスマートフォンやタブレットに保存できるようになった。動作対象となるのはAndroid OS 2.2以降搭載製品(ただしAndroid OS 2.2以降搭載製品であっても動作しない場合あり)。

 またスキャン後に表示されるクイックメニュー上に同期型ストレージサービスである「Dropbox」が追加された他、「ノーマル読取」モード時の速度が前モデル比1.5倍となっている。

 なお、ScanSnap S1500/S1500M/S1300/S1100ユーザーには、今回機能強化されたソフトウェア相当へのアップデートプログラムをScanSnap紹介ページにて無償提供する。こちらも5月25日から。

S1300iの販売価格および販売開始時期
製品名 ScanSnap S1300i ScanSnap S1300i 楽²ライブラリ パーソナル V5.0 セットモデル
型番 FI-S1300A FI-S1300A-SR
価格 2万7800円(PFUダイレクト) 3万2800円(PFUダイレクト)
販売開始 5月25日

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン