このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ドコモ夏モデル発表会 Xiスマホは11機種にFeliCa入りのGALAXY S III 第7回

ドコモ夏モデルフォトレポート 後編

【フォトレポ】らくらくスマホも! 個性が光るドコモ新端末をレポ

2012年05月17日 20時38分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

AQUOS PHONEの正統進化型
AQUOS PHONE ZETA SH-09D

 ドコモの夏モデルで登場する「AQUOS PHONE」計3機種のうち、もっともオーソドックスな正統進化端末である。ディスプレーサイズは4.7型で、AQUOS PHONE史上最大級。新搭載の「スーパーCGシリコン液晶」は、バックライトの透過率を高めることで、従来と同じ見やすさを維持したまま電力消費を抑え、電池を長持ちさせる。

AQUOS PHONEオリジナルのUIを搭載する

 「スリムフレーム設計」により、大画面とコンパクトボディーを両立している。背面に大胆なラウンドフォルムを採用し、手にフィットする。カラバリはホワイトのみというのも潔い。おサイフケータイやLTEにも対応している。

背面がラウンドしているデザインのため、握りやすい

Xiだけでなく、おサイフケータイやQiにも対応している

日本限定のOptimus
Optimus it L-05D

 LG製端末では、同じ夏モデルの「Optimus Vu:」と同様、初の防水端末となる。上部のイヤホンジャックや下部のmicroUSB端子はキャップがなく露出しているが、防水機能を備えているので安心。ただし、防塵機能はない。コンパクト端末らしく、カラバリは夏モデル最多タイの4色。背面下部が盛り上がり、持ちやすさと見た目のよさを演出する。なお、この機種は本国韓国でもリリースされておらず、日本限定モデルとのことだ。

カラバリはXperia SXと同じく4色が用意されている

 文字入力中にソフト十字キーでカーソルを移動できるので、片手でもメールなどを編集しやすい。LTE対応なのに電池容量は1650mAhと控えめだが、予備の電池パックと携帯型充電器が付属するので、電池切れの心配もない。

十字キーでカーソルを移動できるのは地味に便利


■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン