このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ドコモ夏モデル発表会 Xiスマホは11機種にFeliCa入りのGALAXY S III 第5回

ドコモ夏モデルフォトレポート 前編

【フォトレポ】GALAXY S IIIも登場! ドコモ夏モデルをネチっこく堪能

2012年05月17日 00時00分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ポリゴンシェルデザインが個性的な
AQUOS PHONE sv SH-10D

 シャープ製のLTE端末はこれが初。狭額縁デザインで、大画面でもコンパクトな本体を実現。ディスプレーは4.5型だが、3.5型のiPhoneと見た目はさほど変わらない。いかに本体ギリギリまでディスプレーかが分かる。

シャープ初となるLTE端末。大画面でもコンパクトなボディーが特徴

 多角形を意識した「ポリゴンシェルデザイン」が個性的。背面両サイドは丸みを帯びており、手になじむ。本体の高さは126mmとコンパクトで、とくに横向きで持ちやすかった。動画視聴時などに重宝しそうだ。

多角形のポリゴンシェルデザインを採用。カクカクしているが持ちやすい

 付属の卓上ホルダーはNOTTVとワンセグ用のアンテナを搭載。周囲がクリア素材でインテリアにもマッチしそうなデザインだ。スマホをセットすると、自動的にNOTTVやワンセグ、YouTubeなどの新着動画をオススメしてくれる。

デザイン性にも優れた卓上充電ホルダーは、アンテナを搭載しているので、NOTTVやワンセグ視聴時に便利

クアッドコア搭載のフラッグシップ
ARROWS X F-10D

 au版「ARROWS Z ISW13F」の兄弟端末。CPUは4コア、グラフィックエンジン12コア搭載の「NVIDIA Tegra 3」。ゲーム中は4コアがフル稼働するため本体が熱くなるが、待受中は動作速度を抑え、電池の持ちをよくしているという。

夏モデルの最上位モデルがこれ。デュアルコアの上位のクアッドコアCPUと登載しているので、ゲームもグリグリ動く、ゲーミングスマホだ!

 よく使うアプリを、画面をなぞるだけで起動できる「スライドインランチャー」が便利。事前にどの部分をなぞるかや、起動するアプリを設定する。所定の場所をなぞると円形ランチャーが出現し、ワンタッチでアプリを起動できる。

スライドインランチャーは慣れると普通のUIに戻れないくらい便利。もし、この端末を購入したら使いこなしてほしい

 スマホでは珍しい「温度湿度センサー」を搭載し、健康な生活のためのアドバイスを無料で受けられるのがありがたい。また、周囲の騒音レベルに応じ、着信音量を自動的に切り替える「気配り着信」も気が利いている。

 背面の指紋センサーは画面ロック解除などに利用できる。ハイエンド端末では珍しく、Qimpワイヤレス充電にも対応している。

背面だけ見ても、指紋センサー、おサイフケータイ、Qiなどさまざまな機能が並んでいる


■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン