このページの本文へ

ドコモ夏モデル発表会 Xiスマホは11機種にFeliCa入りのGALAXY S III 第5回

ドコモ夏モデルフォトレポート 前編

【フォトレポ】GALAXY S IIIも登場! ドコモ夏モデルをネチっこく堪能

2012年05月17日 00時00分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ついにXiに対応した
Xperia GX SO-04D

 Xperiaシリーズ初のLTE端末である。Wi-FiテザリングはGALAXY S IIIと同様、最大10台まで同時に接続可能。ちなみに、下部の「SONY」ロゴは光る。画面点灯時と消灯時に一瞬明るくなり、画面点灯中は輝度を下げて点灯する。

テザリングに対応している

 背面は弧を描くような美しいデザインは、厚さ10.5mmという数値以上に薄く感じ、握ってもつまんでも持ちやすい。

デザインのおかげか、見た目以上に手に馴染むサイズだ

 テレビとの連携に強いのも特徴だ。HDMI経由でテレビのリモコンからスマホを操作し、ウェブ閲覧や音楽再生などを楽しめる。HDMIのCECという規格に対応したテレビであれば利用でき、ソニーの「ブラビア」なら動作が保証される。

リビングのテレビにスマホの画面を映して、アニメストアのアニメを見るなんてことも可能

 別売りの充電クレードルは、本体発売と同時期の発売を予定しているが価格は未定だ。なお、Xperia arcでは利用できない。

スタイリッシュな充電クレードル

ジョジョとのコラボモデルもあり!
Optimus Vu L-06D

 スマホとタブレットの中間に位置する5型IPS液晶を搭載した端末。人気マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」とのコラボモデル「L-06D JOJO」のベースだ。便利なのは、高級感のある付属のスタイラスペンで、どんな画面にも手書きでメモができる点。手書きしたイメージは画像として保存したり、共有するなどして活用できる。この手書き機能は、左上部の専用キーでどの画面を開いていてもワンタッチで呼び出せる。

付属のスタイラスペンで手書きできるのが最大の特徴だ

 画面の大きさを活かしているのがキーボード。文字キーと記号キーを同時に表示でき、キーボードの切り替えが必要ない。またウェブの表示情報量は、従来のOptimusに比べ約33%増加したとのこと。

大画面をフルに活かしたキーボードで、タイピングが捗る

1画面内に表示される情報量も、従来モデルの3割増しとのこと

 片手で握れる文庫本サイズで、スーツのポケットにも入る。通話はもちろん、おサイフケータイとしても使える。

一見すると文庫本を持っているかのようだ。日本独自の機能も搭載されているのがうれしい

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン