このページの本文へ

続々登場!最新Xeon E5搭載サーバー第13回

「カンタン!IT投資見える化診断」も無償提供

IBM、Xeon E5-2400の2Uサーバーなど低価格製品拡充へ

2012年05月16日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 5月15日、日本IBMは中小企業向けのx86サーバーラインナップを拡充すると発表した。最新の統合管理モジュール(IMM v2)や高変換効率電源(80 PLUS Platinum認証)を装備し、管理性と省電力性の高い仮想化サーバー基盤を低価格帯で提供するという。

同日発表されたXeon E5-2400ファミリーを搭載する2Uサーバー「System x3630 M4」

 発表された新製品は、集積密度を向上させた4ソケットの2Uサーバー「System x3750 M4」、エントリーレベルのブレードサーバー「BladeCenter HS23E」、大容量ストレージを搭載した2Uサーバー「System x3630 M4」、1Uサーバー「System x3530 M4」、「Flex System x220」など。

 これらの製品は、低価格帯のx86サーバーでありながら、既存モデルと同等の優れた管理性を備える。たとえば、IMMv2により、エージェントレスでの監視、リモート管理機能、堅牢なセキュリティ、運用形態に合わせた機能拡張を実現。さらに、障害予知機能「PFA(Predictive Failure Analysis)」も実装し、サーバーの部品に障害が発生する24~48時間前に予知して管理者に通知するため、予期しないダウンタイムを低減できる。加えて、Light path診断パネルや診断LEDにより、障害発生部品をLED点灯で通知し、迅速かつ間違いのない障害切分けと対応が可能だという。

低価格帯の新サーバー製品ラインナップ

 また、複数の既存サーバーをIBM x86サーバーに仮想化統合した場合の数値効果を算出する「カンタン!IT投資見える化診断」を無償で提供する。これは、他社サーバーにも対応しており、簡単な問診票に必要事項を入力するだけで、仮想化サーバー統合効果を把握できるという。

新製品の価格
製品名価格
IBM System x3750 M464万円~
IBM System x3630 M452万円~
IBM System x3530 M428万円~
IBM System x3250 M414万円~
IBM BladeCenter HS23E19万8000円~
IBM System x3100 M47万6000円~
IBM Flex System x22025万円~

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ