このページの本文へ

au 2012年夏モデル発表会 WiMAX&全部入りは国内メーカーの3台!第7回

音楽と映画のサービスを強化! auのエンタメ戦略とは?

2012年05月15日 18時46分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本日、auの2012年夏モデル新製品発表会が開催された。端末情報は別の記事を読んでいただくとして(関連記事)、ここでは剛力彩芽さんも登場した発表会の様子をレポートしよう。

 発表会はKDDIの名物社長である、代表取締役社長の田中孝司氏のプレゼンテーションからスタート。田中社長は今年の始めに発表したスマートパスポート構想のうち、光回線やCATVなど、KDDIと提携している固定回線を契約することでスマホの料金が毎月1480円割引かれる「スマートバリュー」、そして月額390円で有料アプリなどがダウンロードし放題になる「auスマートパス」がサービス開始から2ヵ月で100万契約を突破したと報告した。

代表取締役社長 田中孝司氏執行役員専務新規事業統括本部長 高橋 誠氏

 auスマートパスについては、「有料コンテンツが2ヵ月で100万契約は異例」とし、ユーザーだけでなく、アプリの開発側からの評判もいいとのこと。今日の発表会はスマートパスポート構想のステップ2であり、スマホだけでなく、タブレットやPC、テレビなどマルチデバイスで音楽や映画といったエンターテインメントに力を入れていくと語った。「音楽と映画は娯楽の2大巨頭。auはエンターテインメントの視聴スタイルと変えていく。ユーザーのみなさんの“ウォンツ”に応えるべく、快適でシンプルに楽しめるようにしたい」と、プレゼンテーションを締めくくった。

定額で見放題、聴き放題、それをマルチデバイスで、しかもソーシャルで友達と一緒に、というコンセプト日本人の娯楽ランキングの上位が音楽と映画でワンツーフィニッシュ。それだけ音楽と映画はエンターテインメインとして求められているのだ

クラウドを利用した映像・音楽配信サービスがスタート

 田中社長のあとは、新サービスである「うたパス」と「ビデオパス」について、同社執行役員専務新規事業統括本部長の高橋 誠氏がプレゼンテーションを行なった。

 ビデオパスは月額590円で邦画や洋画、アニメの旧作3000本以上が見放題になるサービス。作品のレンタル開始と同時に新作も見られるようになるが、こちらは1本につき315~500円のレンタル料金がかる。さらにダウンロードから48時間以内に視聴する必要がある。なお、月額590円の中には新作1本ぶんのレンタル代が含まれている。

 マルチデバイスで楽しめるようにすると田中社長が言っていた通り、例えばスマホで映画を見始めて途中で止めても、テレビやPCなどの他のデバイスでスマホの途中から視聴することもできる。学校や会社からの帰りにスマホで視聴し、家のテレビで続きから観る、なんてことが可能だ。

スマートパスでダウンロードできるアプリも大幅に増加auビデオパスと他社サービスとの比較

 音楽配信サービスの「うたパス」は、邦楽・洋楽が聴き放題というだけでなく、ソーシャルとの連携がウリのクラウドサービス。友達同士でフォローしあうと、フォローした相手の聴いている楽曲が一緒に楽しめるだけでなく、自分の聴いている音楽をフォロワーに聴かせることもできる。ただし、1曲ごとに聴くというよりは様々なチャンネルが用意されていて、そこで流れている曲を聴くというスタイル。どちらかというと、音楽ばかりのラジオという感じだ。楽曲のビットレートは128kbpsとのこと。曲のスキップもできるが、アプリを1回起動するごとに5~10回と回数制限を設ける予定。なお、利用料金は月額315円。

 このようなクラウドサービスを展開するにあたっての懸念事項は回線の品質だが、4月10日から低負荷の基地局にデータ通信先を切り替える「EVDO Advance」を導入しはじめ、体感速度が2倍になっているという。また、2012年12月から開始予定だった4G LTEを前倒しでスタートさせ、年度末には人口カバー率96%を目指すとのこと。さらにau Wi-Fiスポットでは、従来の2.4GHz帯だけでなく5GHz帯にも対応させることで回線のトラフィックを緩和させる。

質疑応答にて対応OSについて聞かれると「当面はAndroid端末のみでやっていく。iOSについてはまだ検討中です」とのこと。

 従来の発表会と比べると、スマホのニューモデルは少なめだったが、端末だけでなくスマホを使ったサービスを拡充させていくというauの意思表示がハッキリと出た発表会であった。

発表会の最後にはCMキャラクターである剛力彩芽さんが登場! 手足細い!同じくCMキャラクターの伊勢谷友介さんと、MCに赤坂泰彦さんも登場し、高橋常務の家でビデオパスを利用して映画を観るという設定の寸劇が展開された
スマホではみんなで観るにはキツイが、このようにテレビに出力すればみんなで観られるのである。剛力さんは「私はレンタルショップにあまり行かないし、行っても目的の作品がないとガッカリしてしまうので、このサービスはうれしい。休日は基本的に家で過ごすのが好きなんで」と、新サービスの魅力を語った

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン