このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

新型OS/サービス、Mac新製品の噂が続出

アップル、新SNS/薄型Retinaノート発表か?―WWDC 2012

2012年05月15日 10時30分更新

文● 鈴木淳也(Junya Suzuki)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Ivy Bridge/USB 3.0/Retinaディスプレー搭載、
薄型MacBook Proが登場か?

 前述のように、WWDCはアプリケーション開発者のためのカンファレンスであり、本来であれば新ハードウェアを期待できるものではない。新製品が発表されたばかりのiPadはいうに及ばず、新型iPhoneについてもどの程度期待できるかは未知数だ。

 だが、「Mac新製品」の「One more thing…」に期待するユーザーは多く、これに関する噂が増え続けている。特にインテルが第3世代Coreプロセッサー(Ivy Bridge)を発表、さらに超低電圧版の製品ラインが6月と予想されており、“主要顧客”の1社として「アップルがIvy Bridge搭載ノート」を発表するのではないかとみられている。

 14日(現地時間)、米Bloombergが関係者からの話として報じた記事によれば、インテルの最新プロセッサーを搭載した、薄型ノートがWWDCのタイミングで発表されることになるという。特に、現行の0.95インチ(約24.1mm)よりもさらに薄くなることが最大の特徴としている。

 これだけだと不明な点が多いが、9 to 5 Macではリーク情報としてより詳細なスペックに触れている

「MacBook Pro」が薄型化される!? ちなみに現行製品では、13インチと15インチの高さが24.1mm、17インチが25mmとなっている

 例えば、モックとして紹介している画像によれば、従来のMacBook ProがDVDスーパードライブを必ず搭載していたのに対し、新型MacBook Proではそれが排除され、代わりに薄さを実現しているといった具合だ。それにともない、キーボード上の“ディスクイジェクト”ボタンが電源ボタンとなり、さらに「Retinaディスプレー搭載」や「USB 3.0」サポートを実現しているという。

 Retinaディスプレー採用の噂は以前からあり、実現される場合は、iPhone/iPad同様に現行解像度のちょうど縦横2倍ずつを目指すとみられ、既存アプリケーションの流用も問題なさそうだ。USB 3.0については外付けHDDなど対応ハードウェアが増えつつあり、もしMacBook Proで採用されると、普及にさらに弾みがつくとみられる。

 また、MacBook Proにおいて光学式ドライブを廃して薄型化を目指す場合、「MacBook Air」との違いをどう打ち出すか、ブランディングが問題となりえるだろう。

 MacBook Proの13インチモデルが事実上廃止され、ディスプレーのインチ数でProとAirを切り分けるのか。あるいは、“Air”、“Pro”を取り払い、シンプルに「MacBook」に名称を統一する可能性、はたまた新MacBook Proにふさしい新名称が付けられるという可能性もあり、非常に興味深い。


前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中