このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

2年連続の女王戴冠なるか? 5年目のミクGTプロジェクト第18回

痛車ワンツーフィニッシュ! 富士の裾野にミクとエヴァが立つ

2012年05月11日 15時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 撮影● 鉄谷康博、加藤智充、近江 勤、編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

もう天使のミクさんを止めることなんてできやしない

 速報でもお伝えしたとおり(関連記事)、SUPER GT 第2戦 富士スピードウェイは、ミクZ4(0号車)が優勝、Mirai Z4(4号車)は11位完走という結果になった。本レポートでは関係者の言葉を交えつつ、500kmに及ぶレースの詳細をレポートしよう。

 深刻なMirai Z4のクラッシュから明けた決勝日(4日)。予選日の雨から打って変わって、予報通り快晴になった。サーキットに着くと、そこには元気に走り回るMirai Z4の姿が! そう、メカニックによる徹夜の修理で完全復活を果たしたのである。佐々木選手も番場選手もかなりいいタイム(51秒台)を出すなど、メンタル面でも回復しているようだ。ミクZ4も久々のドライ路面を順調に駆け抜けている。マシン的に富士は不利だと言われているが、両車ともに上位に食い込めそうだ。

 いよいよ決勝レースがスタートする。この500kmという距離は2008年以来、実に4年ぶり。今回は2ピット、2ドライバー交代というレギュレーションがあるため、一発の速さよりもチームの総合力が求められるレースだ。このレースをどう制したかで、鈴鹿の1000kmの勢力図も見えてくるだろう。

ミクZ4(0号車)のグリッドガールは立花サキちゃん
Mirai Z4(4号車)のグリッドガールは鴻上聖奈ちゃん

 しかし、運命の女神は気まぐれらしい。天気予報では1日晴れるとのことだったが、スタート直前になって雨が降ってきた。すでに全車スリックタイヤでグリッドについている。この状況で運営側が下した判断は、なんとセーフティーカースタート。セーフティーカーを先頭に、ゆっくりとフォーメーションラップがスタートした。だが、雨は若干強くなってきており、セーフティーカーはもう1周行くようだ。このとき、続々とピットインしてインターミディエート(浅溝タイヤ)に変更するマシンたち。もはや、予選の順位はどこへいってしまったのか。GT500、300が入り乱れてのピットワークになった。

 このとき、ミクZ4の谷口選手は2周目でピットインしてタイヤを交換することを選択。Mirai Z4の番場選手は驚きのスリックスタートであった。この判断を番場選手に聞くと……。

番場選手「僕もどっちで行こうか迷ってたんです。ピットに聞いても返事がなかったので、こりゃ谷口さんが入っているなと。どっちかがピットには入っているともう1台は入れないので、もうスリックで行くしかないと。いつでもピットに入れるように、ピットロードの近くを走っていたんですが。そのおかげで一気に上位に行けましたけど、GT500にぶつけられちゃって……」

 番場選手の言うとおり、今回は非常に接触が多かった。ミクZ4もMirai Z4も、何度かGT500のマシンにぶつけられており、すべてぶつけたほうがドライブスルーペナルティーを課せられていたほどだ。Mirai Z4は#8 ARTA HSVと接触し、一時は3位を走行していたが、20位以下まで順位を落とした。ミクZ4も#6 ENEOS SC430に追突され、若干のコースアウトを余儀なくされている。それほどまでに荒れたレース展開だった。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ