このページの本文へ

Google、ハングアウト オンエアを一般公開

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2012年05月08日 06時20分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

Google、ハングアウト オンエアを一般公開

米Googleは2012年5月7日、世界中に映像のライブ配信が行えるGoogle Hangouts On Air(ハングアウトオンエア)をGoogle+ユーザーに一般公開した。18歳以上で米国や日本、コロンビア、エジプトなど18カ国に在住のユーザーが利用可能。

ハングアウトオンエアは簡単な操作でライブ放送が行える機能。これまでは一部ユーザーに限定した公開だった。配信内容は自動的にYouTubeアカウントに保存され、記録した放送コンテンツは、YouTubeやGoogle+チャネルを通じて世界中に公開できる。放送には10人まで同時参加可能、視聴者数に制限はない。

従来からハングアウト(Hangout)が提供されていたが、これは最大10人しか参加できないという制約があった。より大人数が参加(視聴)できる機能が欲しいとの要望を受けて開発されたのがハングアウトオンエア。

Google+ Hangouts On Air: broadcast your conversation to the world
http://googleblog.blogspot.ca/2012/05/google-hangouts-on-air-broadcast-your.html

Googleハングアウトオンエア (日本語)
http://www.google.com/intl/ja/+/learnmore/hangouts/onair.html

GoogleハングアウトオンエアFAQ
https://support.google.com/plus/bin/answer.py?hl=ja&answer=2459411&topic=2553242&rd=1

カテゴリートップへ

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング