このページの本文へ

運動不足も関係なし! 電動アシスト自転車ライフを始めよう第2回

電動アシストスポーツバイクをイッキ乗り! 乗りやすいのはどれ?

2012年05月08日 12時00分更新

文● じてんしゃ操太郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

独特なレイアウトの電動アシスト
GIANT「CRS HB」編

 レビュー2台目は、台湾メーカー・GIANTの「CRS HB」。国産の多くの電動アシスト車と違って、リアキャリアにバッテリーを積み、モーターが前輪、24段変速ギアを搭載と、見た目はなんともパワフルな印象を受けます。走行距離も、一番パワーが出るスポーツモードで36kmと、前回乗ったリアルストリームよりも5kmほど長いです。

GIANT「CRS HB」

 走ってみると、いかつい外見とは違ってマイルドなアシスト力に驚きました。クランク部分にモーターのあるリアルストリームと違って、前輪にモーターがあるためか、最初の足でペダルを踏んだときはアシストの力をあまり感じられず、もう片方の足で踏む頃にようやくモーターの動力が伝わる感じです。走り出してもアシストされている感じは少なく、「はたしてこれが一番アシストの強いスポーツモードなのか」と不安になって、何度もコントローラーを確認してしまったほどです。とくに上り坂では、さらにアシスト力が弱いという印象を受けました。車体の後部に重心が移動する上り坂では、前輪モーターの効率が悪くなるのでしょうか。

 というわけで、前回と同じコースを走ってみたのですが、バッテリーはなかなか減りません。バッテリー残量は%表示がなく、5段階のLEDで状態を示すタイプです。マニュアルを見ると、5つ点灯の状態は100~90%程度、4つで85~70%、3つは65~60%、2つで45-30%、ひとつは25%以下とあります。写真は30km走ったところですが、まだまだ5つ表示されています……。

 カタログ値の36km以上を走行して、晴海大橋を上ってもLEDは5つ点灯したまま。バッテリーがなくなるまで走るこの企画、どうなるのでしょうか?

 晴海大橋を折り返してしばらく走ったら、やっとひとつ減りました(ちょっとこの写真では分かりにくいかもしれません)。距離は38kmなのにまだ80%残とは……。自分と電池、どっちがタフかの勝負になってきました。

 リアルストリームのときと同じ約45kmを走った地点。それでもバッテリーのLEDは4つのまま。結局この日は、これ以上走る時間がとれなかったため、翌日に持ち越しとなりました。

 2日目、LEDが3つ点灯(65%相当)となったのは、2周目で23kmほど走った、総走行距離68kmあたり。何度も言いますが、アシスト力は強くないので、バッテリーよりも自分の体力のほうが消耗します。この日は途中の休憩時にミニようかんと栄養ドリンクをいつもより多く消費しました。

 業界標準テストの数値は36kmですが、実はGIANT独自の測定値は72kmとのこと。結局、45kmほどのコースを2周して90km以上走ったところでもバッテリーは切れず、ほかのモデルのレビューもあるのでギブアップ宣言。編集部に返却に行く途中で、やっとLED点灯が2つに(残量40%ほど)。あと50kmくらいはいけるんじゃないでしょうか。

 と、バッテリーを消費する前に、自分のスタミナが切れてしまったわけですが、CRS HBは、アシスト力は弱いものの、少し走ってみると、外装24段変速ギアをうまく使えば、さまざまなシーンに対応できるようになっている自転車だというのがわかりました。リアルストリームのレビュー走行時には、アシストまかせっきりで、ギアを変速することはほとんどありませんでしたが、CRS HBでは、上り坂の前では軽めのギアに変化させ、低速ながらしっかり上れて、平坦な直線では重いギアで、時速30km以上のスピードも出せます。

 ハンドルのグリップ感やペダルの食いつきもよく、車体もしっかりしているため、青山通りなどではギュンギュンスピードが出てすごく気持ちよく走れました。アシスト比率は低く、乗員のパワーが主、アシストはおまけで、スポーツ自転車本来の楽しみかができる車種といえます。価格のことを考えると、普通のスポーツ自転車とどちらを買うか、迷ってしまいそうです。

充電器がバッテリーと同じくらいの大きさで、充電中は冷却ファンがウォーンと回って、まるでXbox360を起動しているかのようになります今回レビューした車種のなかでいちばんペダルのエッヂが効いていて、靴底をしっかりとらえて効率良く力を伝えられました。反面、走り始めてすぐに向こう脛を強打してしまい、2日間鈍痛に耐えながらのライドとなりました


大きな地図で見る

※今回の走行ログ(iPhoneアプリ「Cyclemeter」で計測。2日目のみのデータ)

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン