このページの本文へ

BYOD解禁!モバイルでビジネスが変わる

エンドユーザーコンピューティングの課題は技術で解決

ヴイエムウェアの新製品でBYODや自宅作業は根付く?

2012年05月08日 06時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

5月7日、ヴイエムウェアはエンドユーザーコンピューティング分野における事業戦略・新製品発表会を行なった。ポストPC時代を見据え、アプリケーションやデスクトップ、データ、そしてユーザーを「n対n」で適切つなぐための製品と戦略が披露された。

Horizonブランドでアプリケーションやデスクトップを統合

 発表会の冒頭、エンドユーザーコンピューティングの現状を説明したヴイエムウェア 代表取締役社長の三木泰雄氏は、同社の調査を引き合いに、情報漏えいに関する要件が厳しく、モバイル端末の業務利用がきわめて制限されている国内の動向について説明した。

ヴイエムウェア 代表取締役社長 三木泰雄氏

 調査によると全体の71%で会社支給のノートPCを自宅へ持ち帰ることが禁止されているという。また、個人所有のモバイル端末の業務利用については、韓国が96%なのに対し、日本では22%にとどまっているという。こうした中、三木氏は、「どちらが良い悪いではなく、モバイルデバイスが業務で活用されていないのは事実。これに対し、セキュリティを確保しつつ、PCの利用に関わる課題を技術的になんとかしようというのが、弊社の提案」とヴイエムウェアのエンドユーザーコンピューティング戦略の基本的な立ち位置について説明した。さらにポストPC時代には、アプリケーション、デスクトップ、データ、そしてユーザーなどのネットワークを介して散らばっている各要素を「n対n」で適切につなぐ必要があると説明した。

 こうした要件に対応し、今回発表されたのは、仮想デスクトップ用クライアントの最新版「VMware View 5.1」のほか、アプリケーションやデスクトップのポータルを提供する「VMware Horizon Application Manager」、ファイル共有サービス「VMware Project Octopus」などエンドユーザーコンピューティング分野の製品群になる。製品の詳細に関してはヴイエムウェア ストラテジック アライアンス部長 名倉丈雄氏が説明した。

ヴイエムウェア ストラテジック アライアンス部長 名倉丈雄氏

 まず、VMware View 5.1では、VMware View Storage Acceleratorに対応し、ストレージ側からのロードされるデータをVMware側でキャッシュすることで、トラフィックやCPU負荷の削減を実現。仮想デスクトップの起動時に大量のデータ送受信が行なわれるブートストームの問題を解消する。また、ストレージ側のクローン機能を用いてプロビジョニングを効率化するVCAI(VMware View Composer Array Integration)や物理デスクトップから仮想デスクトップへの移行を円滑に行なえるようにVMware View Persona Managementの機能強化が図られた。さらにアーキテクチャの改良により、リモートで利用できるUSBメモリの互換性が高くなったほか、仮想デスクトップ用のプロトコルであるPCoIPも低速な回線の利用に対応。あわせてVMware Viewの管理に最適化された管理ツール「VMware vCenter Operations for VMware View」も提供開始される。

VMware View Storage Acceleratorの帯域幅削減の効果

 また、同社が「パーソナルクラウドブローカー」と呼ぶVMware Horizon Application Manager 1.5も新たに発表された。アプリケーションと仮想デスクトップ、データなどをユーザーと適切に結びつけるべく、シングルサインオンとユーザー向けポータルを提供する。「ユーザーがポータルにアクセスすると、自身が使えるアプリケーションが表示される」(名倉氏)。シングルサインオンはActive Directoryに加え、SAML経由でも可能になり、SaaSとの連携に対応した。従来、サービスのみだったが、本バージョンからオンプレミスで利用できるよう仮想アプライアンスとして提供されるようになった。

「パーソナルクラウドブローカー」と呼ぶVMware Horizon Application Manager 1.5

 VMware Project Octopusは、「企業版Dorpbox」ともいえるオンラインストレージで、PCやスマートフォン、タブレットなどからのデータアクセスや共有をセキュアに行なえる。今回β版として提供されることが発表された。

 デスクトップ分野での仮想化に関して、ここ数年で製品の拡充を一気に進めてきたヴイエムウェア。コンシューマ系のクラウドやモバイルデバイスの普及にあわせて、包括的な製品ポートフォリオをますます整備しつつある。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
ピックアップ