このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

とある書き手の小物調査ーガジェットチェックー第20回

スマホと連動して近未来アクションが楽しめる「SmartWatch MN2」

2012年05月03日 12時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マカフィー・モバイル・セキュリティーの「端末の位置追跡」機能やiPhoneの「iPhoneを探す」といったアプリは、PCからスマホを遠隔操作して、着信音を鳴らしたり、内部のデータを削除したりといったことができる。ということは、なにかしらのガジェットでスマホを遠隔操作できてもいいんじゃないかと思ったことはないだろうか。今回紹介するソニーモバイルコミュニケーションズ「SmartWatch MN2」は、専用アプリのインストールで情報を表示したり、遠隔操作したりが可能になるという、クールなアイテムだ。

防滴・防キズにも対応

 SmartWatch MN2は、スマホとBluetooth接続して、SmartWatch MN2側に新着メールの情報を表示したり、SmartWatch MN2側からスマホのトグルスイッチを操作したりできるほか、アプリによって機能拡張が行なえるというもの。詳しくは後述するとして、まずはデザインを見ていこう。

 1.3インチ有機ELディスプレイを採用したスクエアデザインで、解像度は128×128ドット。タッチ操作が主でタップやフリック、ダブルタップで操作できる。縦36mm×横36mm×厚さ8mm、重量は約15.5gで、アルミボディーで軽量化を図りつつ、防滴・防キズ仕様にも対応。背部にはクリップがあり、同梱のリストバンドにセットすると腕時計のように扱える。クリップは強めなので、リストバンド以外ではカバンのベルトや服の襟元などにも取り付けられる。価格はXperia Storeにて9480円。

スクエアで角丸なデザイン。有機ELディスプレイはやや暗めだが、屋外でも影は作りやすいので、表示を確認する程度は問題ない
側面には電源ボタンがあるだけクリップはけっこう強力。また本体裏に見えるのが充電用端子
独自形状の充電ケーブル。2時間ほどでフル充電になり、酷使しても2~3日は動作する同梱されている時計な感じになるリストバンド。クリップを利用して本体を取り付けると完成だ
SONYのロゴが。時計でSONYはなんだか新鮮腕につけてみたところ。ちょっと出っ張っているのが気になるくらいで、あとは時計の装着感と変わらない

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン