このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」第93回

野本かりあ×キャプテンミライ “エスエフ”結成記念インタビュー

渋谷系、ネットと出会う 小西康陽から「ボカロP」へ

2012年05月05日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「自分がいいと思ったことを何のしがらみもなくできる」

―― でもPVもプロモーションも自分たちでというと、大変じゃないですか? こうして取材にも時間は取られるし。

カアリイ そうは思ってないです。だって楽しいし。エスエフという世界を自分たちだけで作れるし、身軽にすぐできるから。レコード会社が入ったり、スタッフを集めなければできないことじゃない。それで世界観とかキャラもそうですけど、そういうものをアイコンとしてバシッと見せられればいいなと。私は今衣装を考えています。

―― 衣装というのはライブの?

カアリイ PVとか。

キャプミラ 一曲目の「プロペラソング」をPVにしようと思ってるんですけど。

カアリイ このあとその打ち合わせなんです。

―― おお、それは楽しみ。あとライブもやって欲しいですね。

カアリイ うん。ドラム演りながら歌うとか。

キャプミラ おっ! 実はドラマーなんですよ、カアリイ。

カアリイ そんなに難しくなければ練習すれば叩けるかなぁ、くらいですよ。こないだぼんやり思っていたのは、鍵盤は弾けるんでショルキー(ショルダーキーボード)やりたいな、とか。

キャプミラ そこら辺はせっかくユニットなので、臨機応変にできるといいんですけどね。二人でやるミニマムなものから、それにドラムをプラスしたようなものとか。僕が考えているのはリアルタイムなDUBですね。ドラムがいてマルチトラックで音を流しながら。

―― 実はいろいろ真面目に考えているんですね。

キャプミラ 考えてますよ! めちゃくちゃ真面目ですよ!

カアリイ えー。私、今はじめて聞いたけど。

―― ……まあ人からあれやれこれやれ、って話じゃないので、それを考えるのが楽しいんでしょうね。

カアリイ そう。だから好きなことできるし。自分がいいと思ったことを何のしがらみもなくできるじゃないですか。もちろん丹治くんには相談しますけど。それを最大限にやっていこうと。

―― キャプミラさんはカアリイにコキ使われる立場になりそう。

キャプミラ どうなんでしょう……。お手柔らかにお願いします。




著者紹介――四本淑三

 1963年生まれ。高校時代にロッキング・オンで音楽ライターとしてデビューするも、音楽業界に疑問を感じてすぐ引退。現在はインターネット時代ならではの音楽シーンのあり方に興味を持ち、ガジェット音楽やボーカロイドシーンをフォローするフリーライター。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン