このページの本文へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」第93回

野本かりあ×キャプテンミライ “エスエフ”結成記念インタビュー

渋谷系、ネットと出会う 小西康陽から「ボカロP」へ

2012年05月05日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「でも、それを言ったら、下北系しかいないじゃないですか」

―― リミックスもいいですね。特にtofu(beats)くんの音なんか若くて。

Image from Amazon.co.jp
I LOVE TOKYO~FOR ANIME MUSIC LOVERS~

カアリイ 去年の秋に出たアニソンカバーのコンピレーションに参加したんですけど、それでtofuくんとRAM RIDERさんの曲を一曲ずつ歌わせてもらいました。そのときtofuくんと初めてお会いして。

※ I LOVE TOKYO ~FOR ANIME MUSIC LOVERS~(2011年)。カアリイはアニマル横町「ファンタジスタ★ガール」(Tofubeats)、瀬戸の花嫁「Romantic summer」(RAM RIDER)に参加。

キャプミラ お互い1人ずつ頼んだんですけど、riow araiもドシッとした安定感で素晴らしい。tofuさんとのコントラストも出て、ミニアルバムとしてバッチリまとまったと思います。

カアリイ ラストがtofuくんの曲で良かったよね。送られてきたとき、これヤバイよねって、お互い個々に感想を送って。

―― tofuくんも気がついたら、あっという間にすごい有名になっていて驚きますよね。

キャプミラ 彼はネット利用して面白いプロモーションをしていますよね。今はヴィレッジヴァンガード(V.V.)発のヒットというのも多いみたいですね。ネットやV.V.って売れてもチャートにカウントされないし、SNSをやっている層ともかぶらなかったりして、一般の人が知らないところでいつの間にか売れているという。

カアリイ エスエフもV.V.に入るといいですねー。

プロペラソング(tofubeatsリミックス)をiPhone対応のBluetoothスピーカー「Jawbone JAMBOX」で聴く野本さん

―― そういえばジャケットを描いた本秀康さんも、V.V.で売れている人じゃないですか。

キャプミラ 本さんなら、ということでV.V.の人も興味を持ってくれているらしい。……と、本さん本人が言っていたので、良く分からないんですけど。

―― ……ってことは、売り方の設計も自分たちでやらなければならないわけですよね。リリースノートに「秋葉系と渋谷系と下北系の融合」とあったけど、実は曲の要素に秋葉系はないような。

キャプミラ そっちのほうがキャッチーじゃないですか。だって下北系と渋谷系のふたつがつながっても、それただの井の頭線じゃないですか。

カアリイ あ、でも、それを言ったら、下北系しかいないじゃないですか、ここには。

―― あれ、野本さんもそっち系なんですか?

カアリイ それか、新宿かな。

キャプミラ じゃあ小田急線だ。

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン