このページの本文へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」第93回

野本かりあ×キャプテンミライ “エスエフ”結成記念インタビュー

渋谷系、ネットと出会う 小西康陽から「ボカロP」へ

2012年05月05日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「これが個人のめちゃくちゃ小さいレーベルってところが面白い」

―― しかし最近、ボカロと付けば売れるというので、どっか大きなところの後押しがあるんじゃないかと思われがちです。そこは明言しておいたほうがいいですよ。

キャプミラ まったく付いてないっていう。「バイバイレコードって、どこだよ!」 みたいな、その意外性が面白いんだと思いますよ。

―― 曲にしても関わっている人にしてもメジャー感あるのにね。

キャプミラ これが個人のめちゃくちゃ小さいレーベルってところが面白いんだと思います。むしろレコード会社が弱くなり、個人でいろんなことができるようになると、皆こうならざるを得ない。その時に、こういうノリでやったのは僕らが最初、みたいに言えたらいいなと思うんですけど。

―― で、裏で糸を引く人もいないのに、カアリイはどうやってハントしてきたんですか。

キャプミラ 最初に知り合った頃は、僕はまだボーカロイドはやっていなくて、バンドをやっていたんだよね。

カアリイ そうそう、知恵の輪の頃?

―― あ、じゃあ結構昔から知り合いなんですね。

カアリイ それで一回お仕事をしたんですよ。

知恵の輪。ドラムは現在d.v.dなどで活躍中のjimanica。キャプミラさんはこのバンドの解散によってボカロPになった。

キャプミラ NHKオンラインというウェブサイトのリニューアルをするというので。テレビCMですね。僕が曲を作ってカアリイが歌ってという。

カアリイ その後で、なんかやれたらいいねえ、みたいな話を振っていて。

キャプミラ 去年の年末くらいに具体的にやろうという話になって。動き出してからは早かったですね。

これがエスエフの原型。2010年の夏にオンエアされた、NHKオンラインの「リニューアルダンス」。

―― エスエフってユニットの名前は?

キャプミラ それは僕が。宇宙っぽいのにしようと。コンセプトはあって、いろいろ案出しをして。

カアリイ 丹治くんの詞は宇宙っぽいからね。

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン