このページの本文へ

国内保証付きで1万2000円のAndroid 4.0タブがついに登場!

2012年04月27日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AKARTから近日発売される7型Androidタブレット「チョコット 7インチアンドロイドタブレット」(型番:CH-AND7000)のサンプル品がフェイス秋葉原本店に入荷している。入荷は5月上旬(連休明け頃)、価格は1万1800円の予定。

手頃な7インチサイズのAndroid4.0タブレットが国内メーカーAKARTから発売予定。現在フェイスにてサンプル機の展示が実施されている

 Android 4.0を搭載する7型タブレット、チョコット 7インチアンドロイドタブレットのサンプル品展示がフェイス秋葉原本店にて実施されている。

 気になるスペックは、CPUがBoxchip A10 1.2GHz(Cortex-A8ベース)、メインメモリーはDDR3 512MB、内蔵ストレージは4GBとごく平凡。価格も1万円を切る製品が幅を利かせる、いわゆる中華パッドに比べるとインパクトは少ないものの、国内で取り扱われている端末であることや、同社のサポートを直接受けられる点に魅力があると考えるべきだろう。

 中華パッドは通常購入したショップの保証のみで、その期間も1週間ほどと非常に短い。その点、自己責任によらず国内サポートを安心して受けられるのは大きなメリットだ。高価なメジャーブランドの製品や、サポートに不安のある海外製品に二の足を踏んでいた人にとってはピッタリの選択肢といえるかもしれない。

サンプルは実際に店頭で試用できる。画質もなかなかで、ブラウジングなどの用途なら不自由を感じることはないだろう
HDMI出力に加え、AタイプのホストUSB端子を備える。USBのカードリーダーやキーボードなどを直接接続可能だ

 本体サイズは幅192×奥行き122×高さ13mmで、重量は360g。静電容量式の7型液晶(800×480ドット)を搭載し、miniHDMI、AタイプのホストUSB端子、miniUSB端子を備える。IEEE 802.11b/g/nの無線LANに対応するほか、最大16GBのmicroSDHCが使用可能。搭載OSはAndroid 4.0.3で、純正のアプリストアであるGoogle Playにも対応する。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン