このページの本文へ

64ビット最新モデル「AX 3530」を投入

A10、1Uで同時2億5600万接続を実現したADC「AX 3530」

2012年04月26日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月25日、A10ネットワークスは1Uラックマウント筐体で同時2億5600万接続を実現したADC(Application Delivery Controller)の新製品「AX 3530」を発表した。

1Uラックマウント筐体で同時2億5600万接続を実現した「AX 3530」

 AX 3530は8コアのXeonプロセッサーを搭載し、従来の1Uミッドレンジモデル「AX3000-11」と比較して約4倍となる2億5600万の同時接続数と115Gbpsのスループットを実現。また、IPv4延命ソリューションである「CGN(Carrier Grade NAT)」や、IPv6移行ソリューションである「NAT64/DNS64」、「DS-Lite」、「6rd」、「Stateless NAT46」をフルサポートする。

 ポート構成は10Gbpsファイバー(SFP+)×12、1Gbbpsカッパー×4、1Gbpsファイバー(SFP)×2。64GBのECCメモリ、SSD、冗長電源、ホットスワップ対応ファンなどを採用する。

 発売は5月からで、メーカー希望小売価格は1990万円から。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ