このページの本文へ

新「iPad」は今こそ買い時! そのすべてを徹底検証 第1回

2048×1536表示のRetinaはマジ美麗! 新iPad外観チェック

2012年04月30日 10時30分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デザインはiPad 2とそっくり!
購入時は笑顔で「新しいiPad、ください!」とお願いすべし

 「コレください」と指を差したら、実はiPad 2でしたということがありそうに思えるほど、新iPadとiPad 2はソックリさんだ。現時点ではiPad 2も併売され、店頭などで両方ともデモ機が設置されていることがあるが、スリープ状態の新iPadとiPad 2を見分けるのは非常に難しい。まず正面のデザインはまったく同一だし、側面から見た相違点も微妙に厚い程度。背面に至ってはアウトカメラの直径がiPad 2が約5mm、新iPadが約6.5mmという違いしかない。近づいてスリープを解除すると、ディスプレーの差で気が付きやすいのだが、遠目だと分からない。冗談ではなく、購入時はよく確認してもらいたい。

 新iPadの形状は、iPad 2同様に末端分が丸みを帯びている。iPad 2と比べて0.6mm厚くなったため丸みの長さが伸びているが、それも「微妙に」くらい。そのため、すでにiPad 2を触ったことがあるのなら、そのホールド感と大差ないと思うハズ。

 Dockコネクターやイヤホンジャックをセットすると、一部端子が剥き出しになるのもそのままだ。しかし、外れやすいということはなく、iPad 2付属のDockケーブルも問題なく使用できる。

 カラーバリエーションは、ホワイトとブラックの2種類だ。どちらを選ぶかは好みの領域になるが、写真や映像を見るというなら締まって見えるブラックがいいだろう。痛化しちゃうもんねという場合は、ホワイト。多少ズレても地の色が目立たないメリットがある。

 以下、チェックに使用したのは、発売前日から並んでゲットしてきた、iPad Wi-Fiモデルの16GB/ブラックだ(関連記事1関連記事2)。

正面。インカメラ、環境光センサー、ホームボタンの配置は変わりなし

正面同様、背面の見た目もiPad 2そのまま

本体右上に操作ボタン類が数約されるデザインも継承されている

本体左上にはイヤホンジャック

底面にはDockコネクターがある。写真はDockケーブルを接続したところ。微妙に端子が剥き出しになるが、充電やデータ送受信に問題はない

スピーカーは、そろそろステレオになるかしらと思ったのだが、モノラルのまま

iPhone 4Sとの厚さ比較

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中