このページの本文へ

ASUSTeK「P8H77-I」

H77採用のASUSTeK製Mini-ITXマザー「P8H77-I」が発売

2012年04月19日 23時35分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Intel 7シリーズチップセット採用のASUSTeK製のマザーボードとしては初のMini-ITXフォームファクターとなる「P8H77-I」が発売された。

Intel 7シリーズチップセット採用のASUSTeK製のマザーボードとしては初のMini-ITXフォームファクターとなる「P8H77-I」

 採用チップセットはH77。7シリーズとしては同社初のMini-ITXフォームファクターモデルとなるが、スペックは比較シンプルな構成だ。主なスペックは以下の通り。
 拡張スロットはPCI Express(3.0) x16×1、メモリースロットはDDR3-DIMM×2(DDR3 1600/1333/1066、最大16GB)という構成。オンボードインターフェースとしてギガビットイーサネット(Realtek/8111F)、8chサウンド(VIA)、SATA2.0×4、SATA3.0×2、USB 3.0×4などを装備。I/O部のグラフィック出力機能にはD-sub/DVI-D/HDMIの3系統が用意されている。また、GPU仮想化技術「Lucid Virtu MVP」にも対応している。
 価格は以下の通りだ。

Z77モデルを待っているユーザーも多そうだが、まずは下位のH77モデルから登場。GPU仮想化技術「Lucid Virtu MVP」にも対応している

価格ショップ
「P8H77-I」
¥9,980パソコンショップアーク
パソコンハウス東映
¥10,980ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
ZOA秋葉原本店

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中