このページの本文へ

続々登場!最新Xeon E5搭載サーバー第10回

「HP ProLiant サーバー Generation 8」のラインナップに追加

日本HP、Xeon E5×2搭載1Uサーバー「ProLiant DL160 G8」

2012年04月20日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月19日、日本ヒューレット・パッカードは、1Uラックマウントサイズの2Wayサーバー「HP ProLiant DL160 Generation 8(G8)」を発表した。先日発表された「HP ProLiant Gen8」のラインアップを拡大したもので、大量のサーバー導入においても、初期投資を抑制できるよう普及価格を設定し、高い価格性能比を実現しているという。

Xeon E5-2600ファミリを2基搭載可能で、最大メモリ384GBの1Uサーバー「HP ProLiant DL160 Generation 8」

 このProLiant DL160 G8は、市場が急拡大するスケールアウトシステム市場に向けて開発された処理性能/コスト性能を追求しつつ、G8シリーズの特長であるサーバーの運用ライフサイクル全般に渡る運用管理支援機能を標準装備。特にハイパフォーマンス・コンピューティング分野や、クラウドサービスに代表されるスケールアウト型のサービス基盤に最適化されたモデルとしている。

 対応するCPUはXeon E5-2600ファミリで、最大メモリは384GB(16GB×24)。2.5インチのSAS/SATA/SSDドライブを最大8基搭載できる。販売開始は4月19日で、価格は21万円から。

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ