このページの本文へ

化粧品通販サポート格付、三つ星はオルビス・ファンケルなど

2012年04月18日 00時40分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 シンクサービスは4月12日、同社が主催する「サポートポータル/問合せ窓口格付け」の2012年度化粧品通販業界の調査結果を発表した。

 同調査は、各業界の国内大手および自薦・他薦による対象企業の問合せ窓口の業務内容を、HDⅰ(ヘルプデスク協会)の国際標準に基づいて設定された評価基準に沿って、審査員が毎月、顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けするもの。

 「化粧品通販業界サポートポータル格付け」は、三つ星がオルビス、再春館製薬所、ファンケル、二つ星がアテニア、ヴァーナル、JIMOS、ディーエイチシー、ドクターシーラボ、山田養蜂場、悠香、一つ星はエイボン・プロダクツだった。

 「化粧品通販業界問合せ窓口格付け」は、三つ星がアテニア、オルビス、再春館製薬所、ファンケル、二つ星がJIMOS、ドクターシーラボ、悠香、一つ星がヴァーナル、エイボン・プロダクツ、ディーエイチシー、山田養蜂場だった。

 これらの結果から、化粧品通販業界のサポートポータルは他業界平均に比べて総じて高評価だった。一方、クオリティが悪い企業では、初回コンタクトの電話で顧客の質問が解決できないセンターが見られた。

 ■「調査結果」
http://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_120412.asp

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く