このページの本文へ

VA20周年記念イベント発表会にLia、KOTOKO、LiSAらも登場!

2012年04月16日 21時50分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 15日、都内にてKeyを筆頭に数多くのゲームブランドを手がけるビジュアルアーツの創設20周年記念イベント「ビジュアルアーツ大感謝祭 Shift:NEXT→ Generation!-きみとかなでるあしたへのうたー」の報道発表会が行なわれた。

“これまでの20年間に学んできたことを、お世話になった皆さんに見ていただきたい”という思いを込めて企画された20周年記念イベント「ビジュアルアーツ大感謝祭 Shift:NEXT→ Generation!-きみとかなでるあしたへのうたー」

 この日の発表会には、報道陣や関係者に加えて、抽選で選ばれた約100人の一般ユーザーらが会場に集まったほか、ニコニコ動画によるストリーミング配信も実施し、2万1000人以上が発表会の様子を見守った。

開催日:2012年7月29日(日)、会場:横浜アリーナ、開場時間:14時予定、開演時間:16時予定
イベントには、5時間のライブを柱に、特別展示、限定物販、ニコニコ生放送、3回目となるダンスイベント“OTSU”の開催など盛りだくさんを予定2.5時間ずつ、前後半パートに分けられた5時間ライブを予定している。前半を担当するのは、ビジュアルアーツ作品でも多数の楽曲を提供しているI've、後半はKey Sounds Labelによるもの

 まずステージに登壇したのは、ビジュアルアーツ代表取締役の馬場隆博社長。馬場社長は、「平成3年3月に12坪の事務所に3人のスタッフから、ゲームの作り方も知らないまま始まったビジュアルアーツ。20年のあいだにエポックメイキングなことも多数ありました。そのなかで20周年を記念するイベントを行なうことになった時に、私のなかに沸き上がってきたのは、ただただ感謝の気持ちだけでした」と、これまでの軌跡を振り返った。挨拶に続いて、馬場氏よりイベントの概要の説明が行なわれた。その際に使用された資料とともにイベントについて説明をしていこう。

ニコニコ生放送ではメインライブの中継に加えて、舞台裏やアーティストインタビュー、さらには、会場内で行なわれているさまざまな展示やミニイベントの模様も中継を予定している特別展示には、20周年を記念するにふさわしいVAキャラクター全展示やこれまでの作品の原画展示やスタッフの仕事部屋再現などを予定している
横浜アリーナ内のサンフォニックスホールで行われる「OTSU」は、入場無料で10~15時まで開催される予定。国内外の有名DJなどにオファーをしており、出演アーティストは随時発表されるので、公式ウェブサイトをチェックしよう会場でしか手に入らない限定グッズも多数用意される。なかでも、20周年にふさわしい記念高級グッズ制作も企画中とのことだ
5時間ライブの最後に会場の全員と一緒に合唱をしたいという馬場氏の願いが込められた20周年記念ソング「Orpheus~君と奏でる明日へのうた~」は、6月29日に発売予定気になるチケット販売情報だが、4月20日12時よりイープラスにて先行予約受付を予定しており、全席抽選販売される。その後、5月27日より各プレイガイドにて一般販売も予定されている。価格は1枚9240円

出演予定アーティストも登壇!

 報道発表会には、7月のライブに登壇予定のLiaさん、KOTOKOさん、LiSAさんの3人の歌い手に加えて、I've代表取締役高瀬一矢氏も登壇し、それぞれライブにかける意気込みを語った。

左から、高瀬一矢氏(I've)、KOTOKOさん、馬場隆博氏、Liaさん、LiSAさん

●Liaさん
 20周年おめでとうございます。私事で恐縮なのですが、このイベントにお誘いいただく前から、第2子を希望しており、この度授かりましたことをご報告させて頂きます。本当に突然のことなので、馬場社長にも以前からお話はさせていただいておりましたが、社長とスタッフの皆様と相談をさせていただきまして、体調を確認しながらイベントを作り上げるスタッフとして参加させていただければと考えております。

●LiSAさん
 ビジュアルアーツさん、20周年おめでとうございます。ビジュアルアーツさんとの関係は、2年前の「Angel Beats!」になります。私がアニメ作品に関係するのも初めてだったのですごく不安でしたが、馬場社長を始め、スタッフの皆様、お客様、たくさんの方に支えられて、“Girls Dead Monster”を愛していただいて、全力で走り抜けることができました。今回は、ビジュアルアーツさんにとって大切なイベントで“Girls Dead Monster”(1日限定復活)として歌えることが嬉しいです。

●KOTOKOさん
 20周年本当におめでとうございます。ご縁があって私も歌を仕事にでき、ゲーム業界というのは、私の人生において忘れることのできないというか、一番の芯の部分なんです。ビジュアルアーツさんには、作詞家デビューをした「PureHeart ~世界で一番アナタが好き~」、Outer名義で歌手デビューした「Synthetic Organism」、KOTOKOとしてソロデビューした「Close to me…」など、たくさんの曲を歌わせていただいています。何曲歌っているか数えたところ、全部で26曲も歌わせていただいているんです。私がここまでこれたのも、ビジュアルアーツさんなくしては語れないと思うので、精一杯ライブを盛り上げていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

●高瀬一矢氏(I've)
 20周年、おめでとうございます。いま、一番気になっているのはニコ生でどんなコメントが流れているかです。僕らがビジュアルアーツさんとお付き合いをさせていただいて12年になるのですが、知りあった当時、僕らはゲームを作っていて、馬場さんと電話をするとだいたい5、6時間くらい話をさせていただいたことを思い出します。当時のことを思い出すと目がウルウルしてくる感じです。ビジュアルアーツさんがなかったら僕らはなかったと思いますし、KOTOKOさんと会えなかったら、僕らの快進撃はありませんでした。そしてビジュアルアーツさんがいたからLiaさんとも出会うことができました。僕らは、KOTOKOさんのデビューなどが決まってからご無沙汰になってしまった時もありましたが、その時までにいただいた恩は一緒だと思っています。そういった意気込みをもって、20周年記念の大感謝祭に参加させていただきたいと思います。皆さん楽しみにしていてください。

7月29日に開催される「ビジュアルアーツ大感謝祭 Shift:NEXT→ Generation!-きみとかなでるあしたへのうたー」を楽しみにしていよう

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ