このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」第92回

ノマド化する音楽レーベル――「LOiD」消滅と復活の物語

2012年04月15日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 かつてAVEXグループ傘下のレコード会社ハッチ・エンターテイメントに、「LOiD」と呼ばれるレーベルがあった。ネット出身のアーティストを起用し、独自の企画で音源化するスタンスで、ファンからの人気も高かった。

 しかし2010年末、ハッチ・エンターテイメントのAVEXへの吸収合併によりLOiDレーベルも消滅。すべてのタイトルは市場在庫だけとなり、ダウンロード音源の配信も停止した。

Image from Amazon.co.jp
しんがー・そんぐ・らいてぃんぐ(LOiD-03)

 ところが。LOiD消滅から約1年と4ヵ月、なぜか「しんがー・そんぐ・らいてぃんぐ(LOiD-03)というタイトルのコンピレーションCDが、ビクターエンタテインメントから発売されることになった。普段は合成音声で作品を作っているクリエイターに、自分自身の声で持ち曲を歌わせてみた、という内容のアルバムである。

 このアルバムタイトルに付いている「LOiD」とは何なのか。それがビクターからリリースされるのはなぜ? そこで、かつてLOiDレーベルを1人で切り盛りしていたフリーランスA&Rマンの村田裕作さんと、この作品に参加したクリエイターに、レーベル消滅からこの作品に至る経緯を伺った。

※ 参加しているクリエイターは、キャプテンミライ、クワガタP、みきとP、ゆよゆっぺ、マチゲリータ、baker、buzzG、FAULHEIT、家の裏でマンボウが死んでるP、DATEKEN、neko、ヒゲドライバー。

■ メンバー紹介

村田裕作(27歳)
元LOiDレーベル、現フリーランスA&R。

ヒゲドライバー(28歳)
8bit系のサウンドでニコ動以前からネットで人気を集めていたミュージシャン。

ゆよゆっぺ(22歳)
19歳でニコ動デビュー。ボカロでは「ミクリーモ」と呼ばれるスタイルで知られる。

キャプテンミライ(39歳)
インディーロック出身のボーカロイドP。身長186cm。

元々は商品説明文だった「LOiD」

―― さて、なんでビクターから、タイトルに「LOiD」と入ったアルバムが出るのかというお話です。

Image from Amazon.co.jp
LOiD-01-LOiD’s LOGiC-

村田 LOiD時代に「LOiD-01」「LOiD-02 postrock/electronica」と出したんです。それで「LOiD-03」も出すつもりだったんですが、レーベルがなくなっちゃった。今回たまたま機会があったんで、せっかくだからということです。

キャプミラ LOiD-03って、型番じゃなくてタイトルに付いているんですか?

村田 タイトルです。だから表1に「LOiD」って入るんです。

―― ビクターエンタテインメントの公式ページでも「AVEXグループ」の名前を出して、LOiDが説明されているんですけど。

村田 あれっ? 大丈夫なのかな、他社の名前入れてと思うんですが。ちゃんと確認取ってるのかなー? とか。

ビクターのWebサイトより。「LOiD」とは? の説明にAVEXグループの名前が。togetterリンクまで

―― 村田さんが押したわけじゃないんだ。

村田 元々は、商品説明文で書いたものだったんですよね。(ビクターのページに)LOiDに関するTogetterのURLも載っていますけど、あれをレコード会社の人に見せると、みんな「すごい」って言う。最近こんなレーベルなかったって。うれしかったのは「しんがー・そんぐ・らいてぃんぐ」というタイトルには何の反応もなかったのに、LOiD-03と付いた瞬間に「なんだってー!?」と言って買う人がいたことです。

LOiD復活は「たまたま機会があったんで、せっかくだから」と語る村田さん(27)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン