このページの本文へ

BYOD解禁!モバイルでビジネスが変わる

年間ライセンスのサブスクリプション型と買い切り型を用意

ノックス、Windows Phone対応のMDM「MobileIron VSP」

2012年04月12日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月11日、ノックスは米モバイルアイアンのMDMソリューション「MobileIron VSP」の販売を開始した。

米モバイルアイアンのMDMソリューション「MobileIron VSP」

 MobileIron VSPはiOS、Android、Windows Phoneなどに対応しており、多様なモバイルOSを単一の管理画面で一元管理できる。統計情報やポリシーの順守状況などもグラフィカルに確認が可能で、モバイル端末の詳細な管理や状態監視を容易に実現するという。ポリシーや設定は、ユーザーグループ毎や階層ごとに設定適用が可能で、制限の設定/解除のきめ細かな運用が可能となっている。

 ホワイトリスト/ブラックリストを併用するアプリケーション管理、独自の企業アプリを配布・管理する機能も搭載。さらに、端末情報・位置情報の取得などデバイス管理の基本的な機能のほか、紛失や盗難対策としてのリモートロックやワイプ、ジェイルブレイクやRoot化した端末の接続を遮断するなど、モバイル端末に必要なセキュリティを提供する。

 MobileIron VSPのライセンス体系は、年間ライセンス料(新規/更新)で提供するサブスクリプション型と、初年度に永続ライセンスを提供するパーペチュアル型の2つのタイプを用意する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
ピックアップ