このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

エロスとアートの融合がここに! 山口沙紀がギリギリ魅せる

2012年04月10日 19時05分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4代目「ミスマリンちゃん」などで活躍したことで知られる山口沙紀さんが、DVD「美貌の色彩」(発売:エアーコントロール/3990円)を発売。8日に秋葉原のソフマップアミューズメント館で記念イベントが行なわれた。

 歴代最年長でミスマガジン2007(審査員特別賞)を獲得した山口さん。数々のグラビアで磨かれたボディーで人気も上向き。今作は都内のロケだが、作品全体を通して、破天荒な画家の先生に弟子入りをした女性を演じていて、その先生に振り回されながらもだんだん惹かれていく様子が描かれる。

 テーマに沿って映像が作られており、絵の具で体全体を塗ったペイントシーンや、羽根で体を隠したりするギリギリシーンもたっぷり。取材でも開口一番、「腰の部分に羽根がついているところが重要。羽根がなければヌード感が出すぎてしまうし、かといってありすぎてもダメなんですよ」とコメント。

 目隠しされるシーンなどもあって、エロスとアートの融合といった印象。ラストに向かっていくにつれ、どんどん映像は過激さを増していくというから、最後までドキドキの展開が楽しめそうだ。

 今年で27歳になるが、まだまだグラビアを頑張るという意向。「一線を越えずに、ギリギリのラインを歩いて行こうと思っています」とニッコリ。トークも上手で、バラエティー番組などでも重宝されそうな逸材だ。ミスマリンちゃんも先頃、5代目が発表されたので、これからソロ展開が正念場を迎えそうである。

(写真特集ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ