このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

とある書き手の小物調査ーガジェットチェックー第18回

Web上で画像編集もできるフォトブックサービスをチェック

2012年04月05日 12時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 人に写真を見せる際、タブレットで表示した写真を見せるよりも、紙に出力してアルバムに整理して見せたほうが効果的なシーンがある。デジタルよりもアナログ出力された紙アルバムは、モノとしてのインパクトがあり、よい思い出のメモリアルとしてオススメの手段だ。今回はジャストシステムが開始した、Webサイト上で写真データをアップロードして実際の紙アルバムを作成できるフォトブックサービス「cocoal(ココアル)」を紹介する。メモリアル用にフォーカスしたサービスで、美麗出力だけでなく、ハードカバーにも対応。後発だけあって、操作性やデザイン性、お手軽度も高い意欲的なサービスになっている。

3月末からスタートしたcocoal。記事作成時点ではアクセス過多でWebサイトがかなり重くなる状態が続くほどの人気になっていた

6色印刷+ハードカバーに対応

 まずはザッと仕様をチェックしていこう。cocoalは写真をアップロードして、サイズやページ数、テーマを決定し、写真を配置してテキストを加えていくという、フォトブックサービスだ。ポイントはアルバムのレイアウトや画像編集など、すべてブラウザー上でできるだけではなく、ハードカバー、6色印刷に対応している点だろう。6色印刷+光沢感のある用紙を採用しているので高級感があるのもうれしい。

 ハードカバーというと料金が高いイメージがあるが、スクエアサイズ(縦21cm×横21cm)で20ページの最小構成で2980円、ワイドサイズ(縦21cm×横28cm)で20ページで3780円と、会心の1冊用のコストとしてみると、同業他社のマイブックの場合は20ページ(縦21cm×横21cm、MyBook ART-HCの場合)で6500円なので、とてもリーズナブル。最大32ページまで設定可能で、その場合は4ページ増やすごとに400円増していく。もっとも高い構成は、ワイドサイズ32ページで4980円。大量印刷しない場合の写真集としてみると、やはり破格の安さだ。

サイトの作りはとても親切
スクエアタイプで2980円から、ワイドタイプで3780円からとハイクオリティーサービスにしては低価格。小数ロットはどうしても高くなるというイメージを払拭しているウリの1つであるハードカバー。もちろん、表紙・裏表紙にも写真を配置できる
印刷は6色。従来の4色刷りよりも階調表現が豊かなのが特長。また用紙にはぎらつきの少ない光沢紙を採用しているため、しっとりした雰囲気が楽しめそうだ後述しているが、レイアウトに柔軟な仕様も本サービスの魅力

 メモリアルの贈答品としてインパクトを狙ったレイアウトが多く、テーマに「ウェディングクラシック」があるのを見ると、新郎新婦への贈答品としての運用を意識しているのだろう。また新年度であれば卒業メモリアル用としても便利だろう。ということで、サービス開始にともない、ちょうどメモリアルな人物がいたので、その写真集を作ってみることにした。その人物は本誌にもちょくちょく登場するモデルである相川夏海お嬢様。昨年度まで女子高校生であり、筆者がこっそり展開している小規模モデル集団の一員でもある。

アルバムでキモであるレイアウトは見開きあたりの枚数に応じて、豊富に用意されている

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン