このページの本文へ

福島県内105の高校などに設置

マウス、災害時用環境搭載ノート130台を寄贈

2012年03月28日 23時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マウスコンピューターは28日、「東北地方太平洋沖地震、長野県北部地震の対応と支援」の一貫として、福島県に130台のノートPCを寄贈した。福島県内105校の県立高校などに提供される予定。

福島県内105校の県立高校などに計130台寄贈される予定

 これらの製品はダイワボウ情報システムの協力を得て、災害時用システム環境「レスキューPCソリューション(MIRACLE Smart Desktop)」がインストール済み。通常時はWindows PCとして利用でき、災害発生時には災害時用システムに切り替えて運用することが可能となっている。

 今後、災害が起こった際の対策用情報インフラ整備を目的としており、平時には学校業務用として 利用し、災害発生時には災害時利用情報提供端末・環境としての利活用が可能となる。

カテゴリートップへ

マウスコンピューター
マウスコンピューター マウスコンピューター
マウスコンピューター マウスコンピューター
マウスコンピューター マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune

 

マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune