このページの本文へ

アイレップ、中国・百度「hao123」日本ビジネスリンク登録サービスを独占販売開始

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2012年03月28日 11時15分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

アイレップ、中国・百度「hao123」日本ビジネスリンク登録サービスを独占販売開始

株式会社アイレップは2012年3月28日、中国検索エンジン最大手・百度が運営するhao123(ハオ イー アル サン)の日本企業カテゴリにウェブサイトを登録できる「hao123日本ビジネスリンク登録サービス」の提供を開始した。アイレップが独占販売する。

hao123は中国のディレクトリ登録サービスで、2004年8月に百度に買収された。Webサイトを分野ごとに整理して表示するものです。生活サービス、娯楽、地方サイト、その他の計4つのカテゴリに対し、各20の小カテゴリで構成。2012年3月現在、中国大手企業・サービスを中心に約8,600のサイトが登録されており、オンラインゲームやビデオ・ドラマ・音楽などコンテンツサイトへのリンク数は約34,000。1日あたり80億PVを持つ百度(baidu.com)トップページから導線が張られており、hao123は月間9億PV、2,000万人以上のユニークユーザーを持つ。

hao123は中国国内のサイトを掲載しているが、同国に進出する日本企業のウェブサイトを整理してユーザーに情報を提供するために、新たに日本企業および同現地法人の中国語サイトを掲載する日本企業カテゴリが設けられた。「hao123日本ビジネスリンク」は、このカテゴリへ掲載することができる。登録された企業は、多くの中国ユーザーが利用している「hao123」へ掲載されることで、ユーザーへ効率的に情報を提供することができ、自社サイトへの顧客誘引が見込める。

登録メニューは、2階層目の上段に掲載される「hao123日本ダイジェストリンクエリア」と、3階層、4階層目の全エリアに掲載される「hao123日本ビジネスリンクエリア」の2種類がある。

百度
http://www.baidu.com/
hao123.com
http://www.hao123.com/

バイドゥ株式会社 日本企業向けの新サービス『hao123(ハオイーアルサン)日本ビジネスリンク』を他国に先駆けて提供~ 中国市場に向けた情報提供、自社サイトへの顧客誘引等をより効率的に ~
http://www.baidu.jp/info/press/jp/120328.html

#
中国国内向けのサービスとなります。数多くの日本企業が進出しており中国語版サイトを開設しているのですが、同国内の検索エンジンからはそのサイトが探し出しにくいという課題があり、それを解決するのがこのhao123による日本企業を整理したビジネスリンクとなります。hao123は百度運営ということもあり、同国最大検索シェア・百度における検索体験の改善になります。

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く