このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Apple Geeks 第76回

新iPad+iOS 5.1の「音声入力」だけで原稿を書けるか?

2012年03月26日 12時00分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

英語混じりの表現を試す

 英語混じりの文についてもテストを行った。結果は下表のとおりで、「Windows」や「Mac」など一部の言葉は先頭が大文字から始まる(英語の)固有名詞と認識されたが、それ以外は外来語(カタカナ)または汎用的な英語の名詞(小文字から始まる英語)となった。「DLNA」(結果はdlna)や「AirPlay」(結果はairPlay)といった新しめのコンピュータ用語も、(意図したスペルにはならなかったが)結構な確率で認識された。

表2:英語混じりの文を読み上げた結果
入力したい文 読み上げた言葉 結果
WindowsとMac ういんどうずとまっく WindowsとMac
OS X Lionは夏発売 おーえすてんらいおんはなつはつばい osx lionは夏発売
AppleとMicrosoftとOracle あっぷるとまいくろそふととおらくる アップルとマイクロソフトとoracle
GoogleとYahoo!のマップAPIの違い ぐーぐるとやふーのまっぷえーぴーあいのちがい グーグルとヤフーのmap APIの違い

記号類の表現

 記号類については、テストというよりは音声入力可能かどうかの実験となってしまった。結果は下表のとおりで、おおむね一般的な呼称を読み上げれば入力できたが、数式については不得手という印象だ。しかし、「『」(二重カギ括弧)など入力できなかった記号は多く、どうすれば音声入力できるのか、はたまたできないのか、さらなる検証の必要性を実感した。

表3:記号読み上げテストの結果
入力したい記号 読み上げた言葉 結果
- まいなす -
+ ぷらす +
1+1 いちたすいち 一+1
2*3 にかけるさん 2 *3
42.195km よんじゅうにーてんいちきゅうごきろ 42.195キロ
http://ascii.jp/ えいちてぃーてぃーぴー ころん すらっしゅすらっしゅ あすきー どっと じぇいぴー すらっしゅ http: // アスキードットjp /
なかぐろ
かっこ
かっことじ
さんてんりーど
にじゅうかぎかっこ 二重「

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中