このページの本文へ

ビッグデータやクラウドに対応する最新RDBMS

Microsoft SQL Server 2012のリリース日が正式決定

2012年03月26日 06時00分更新

文● 渡邊利和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

3月23日、日本マイクロソフトはSQL Serverの次期バージョン「Microsoft SQL Server 2012」のリリーススケジュールについて発表した。企業向けボリュームライセンスを4月1日から、パッケージ製品を5月18日から、それぞれ提供を開始する。SQL Server 2012では、ビッグデータに対応するパフォーマンスとミッションクリティカル性能を強化したという。

ビッグデータやクラウドにも対応

 日本マイクロソフトは「Microsoft SQL Server 2012」について、『“ビッグデータ”を活用した迅速かつタイムリーな意思決定や、ミッション クリティカルなシステムに求められる高可用性とパフォーマンスを、社内設置型のシステムとクラウドサービスを柔軟に連携させたソリューションで実現する新製品』と位置づけている。

ビッグデータ時代の情報基盤としての高可用性と高パフォーマンスを実現
「AlwaysOn(オールウェイズ オン)」機能により、障害発生時に数秒でフェイルオーバーできる高可用性と、通常時に待機系を読み取り処理に活用することによる負荷分散を実現。「カラム ストア インデックス」機能により、大量のデータをより高速に集計できるようになり、ビッグデータ時代に求められる高可用性と、高いパフォーマンスを実現した。
ビッグデータをビジネスに活かすデータ活用基盤の提供
「Power View」機能により、誰もが使い慣れた Webブラウザをインターフェイスとすることで、クリック操作だけで高度なデータの可視化を可能とした。処理されたデータを単に保管するのではなく、蓄積された膨大なデータを誰でも探索できる環境を提供することで、営業やサポートなどの現場で活躍するスタッフの現状把握力、責任者へのレポート能力、新たなビジネスチャンスの発見能力を高めることが可能になる。
社内設置型とクラウドのシームレスな運用管理、開発環境を提供
パブリッククラウドデータベースであるMicrosoft SQL Azureとコードベースが完全に共通化されており、オンプレミスとクラウドにおけるシームレスな運用管理とアプリケーション開発環境を提供する。

 なお、すでに国内企業7社がSQL Server 2012の早期採用を表明していることも発表されている。

 SQL Server 2012ではエディション構成がシンプルに整理され、ライセンスの種類も「コアライセンス」と「サーバーライセンス」の2種類から選択する形になっている。エディションは以下の通り。

SQL Server 2012のエディション構成

カテゴリートップへ

ピックアップ