このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

天才猫とBD少女第5回

大切な録画データはBDに焼いてアーカイブすべし(前編)

かふか、好きな番組はパッケージにもこだわって保存したいよっ!

2012年03月25日 09時00分更新

文● 編集部、モデル●金原朋未、かふか・大五郎@荻窪家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「ま、間に合ったー!」

見ていて何となく安心感がある最近のトモちゃん

 レコーダーを前にトモちゃんが万歳三唱したちょうどそのとき、テレビからはあまりめでたくなさそうな、やたら視聴者の緊張感をあおる音楽が流れてきた。

 『警察密着二十四時』が始まったのだ。トモちゃんは『子猫百連発』を録画しておいて、リアルタイムではこちらを観ることにしたらしい。

 トモちゃんはテレビの前に正座して事件の再現シーンを食い入るように見つめている。それを僕も隣で一緒に観ているわけだけど、ひいい、車にぶつかった人がボールみたいに吹っ飛んだ! ぶるぶる震える僕をトモちゃんは膝に抱いて撫でてくれたけど、とうとう最後までチャンネルを変えてはくれなかった。

***

 そして永劫とも思える時間が過ぎた後(実際は二時間番組だったのだけど)、トモちゃんはさきほど焼いたばかりのBDディスク、『選り抜き猫番組セレクション』を眺めて呟いた。

 「せっかくだから、このディスクもパッケージを格好良くしたいよね。テレビ番組だし、映画のBDと一緒に飾っておけるくらいに」

 その一言に、僕の脳裏にあの悪夢【第2回へのリンク】がよぎる。

僕の脳裏によぎったものはあるのだが……忘れよう

 だ、大丈夫だ、今のトモちゃんならあんな恐ろしい間違いは犯さず、きっと格好良いディスクケースを作ってくれるはずだ!

(後編に続く)

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン