このページの本文へ

ニッセン、被災地にスクールバスと遊具保管庫を寄贈

2012年03月23日 10時58分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 ニッセンは3月22日、東日本大震災復興支援プロジェクト「ニッセン・ハチドリのひとしずくプロジェクト」の一環として、公益社団法人日本ユネスコ協会連盟を通じて、スクールバスと遊具保管庫を寄贈すると発表した。

 スクールバス「なかよし共和国」は、震災の津波被害により、校舎が利用できない状態になっている宮城県亘理郡亘理町の荒浜小学校の子供たちを、間借り先の逢隈小学校に送迎するためのバス。児童約50人を朝晩送迎する。

 遊具保管庫は、震災により多くの保育所・学童保育施設が利用できなくなり、保管庫を必要とする声が高かったことを受けたもの。宮城県東松島市・気仙沼市・女川町・岩手県大槌町へ順次寄贈する。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く