このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

俺のAndroidをマカフィーでフルアーマー化(前編)

スマホの守護神マカフィー モバイル セキュリティ 2.0の使い方を伝授

2012年03月31日 11時00分更新

文● 林 佑樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Androidを狙うマルウェア急増中のいま、フィーチャーフォンからスマホに乗り換えたユーザーへの啓蒙は急務だ

モバイル端末を狙うマルウェアは急増の一途を辿っている

後編はこちら

 2012年3月15日にマカフィーが発表したサイバー脅威の状況を見てみると、新規に報告されたモバイルマルウェアはすべてAndroid端末を狙うものだったという。

 端末普及数からすれば狙いやすいのもあるし、Androidの脆弱性や「野良アプリ」をインストールしやすい。何より「PC同様のセキュリティを必要とするハードである」という認識が広まりきっていないところにつけ込んでいると思われる。

 スマートフォンはケータイであってケータイでない。いっそ超小型PCと言い切ったほうが適切だ。まあ、平素からASCII.jpを読んでくれているボーイズ&ガールズ、その他年齢がそれなりに高い方々ならばわかっていると思う。

携帯端末を狙うマルウェアサンプルの合計(Mcafee脅威レポート:2011年第4四半期より)

 ただ、自分だけが気をつければいいと考えるのは早計。危険なマルウェアの大半はroot権限を狙うものが多く、電話番号やメアドなど個人情報満載のスマホの場合、その権限が奪取されることは「詰み」に等しい。

 家族が持つAndroid端末のroot権限がマルウェアによって奪われたとする。すると一緒に自分の番号やアドレスも漏れてしまう。であるからして、ASCII.jp読者においては、「俺だけは絶対安全!」に留まらず、家族や同僚のセキュリティもある程度ケアしてあげるのが吉だ。それは巡り巡って自分の個人情報を守ることにもつながるだろう。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる