このページの本文へ

折りたたみ型Android端末「Sony Tablet P」にWi-Fi版追加

2012年03月22日 10時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーは、折りたたみ型Androidタブレット「Sony Tablet P」のWi-Fiモデル(SGPT213JP/H)を発表した。昨年発売されたWi-Fi+3Gモデルから3Gモジュールを省略し、新たにGPSモジュールを追加し直したもの。発売は4月21日予定、価格は5万円前後。

折りたたみ型タブレット「Sony Tablet P」

 Sony Tablet Pは、持ち運び時などに本体をふたつ折りにして半分の大きさにできる独特なデザインを採用。またこの本体は、最大180度まで開いてフルフラット状態で上下の液晶を利用したり、90度開いて卓上に置き、動画を上側のディスプレーに表示させたりできる。縦位置表示もサポートしており、使用スタイルや使い方に応じて、液晶の角度を自由に調節可能だ。

 さらに、Sony Tablet P専用の画面モードとして、アプリを1画面で表示するシングルスクリーン(854×480ドット)、アプリを2画面全画面で表示するフルスクリーン(1024×480ドット×2)を備えており、画面モード切り替えボタンで変更できる。

アクセサリーオプションとして、背面および底面用の着せ替えパネルの新色も用意される

4月下旬に「Android 4.0.3」にバージョンアップ

 Wi-Fiモデル発表と合わせ、「Android 4.0.3を含むシステムソフトウェアアップデート」も発表された。ダウンロード開始時期は4月下旬予定で、Android 4.x自体の更新に合わせ、ソニー独自の機能強化も実施される。

 独自強化機能としては、任意のアプリの起動中にブラウザー/リモコンなどを小窓に表示する「スモールアプリ」、ソニー製BDレコーダーと連携し放送中または録画済み番組をSony Tablet上で視聴/管理できる機能「RECOPLA」がある。また、写真/動画関連機能の独自強化も行なわれる。

「スモールアプリ」。小窓を表示して、ブラウザー/リモコンを操作できる
放送中または録画済み番組をSony Tablet上で視聴/管理できる機能「RECOPLA」。ソニー製BDレコーダーと連携できる
主な仕様
製品名 ソニー「Sony Tablet P
型番 SGPT213JP/H
(Wi-Fiモデル)
店頭想定価格 5万円前後
プラットフォーム NVIDIA Tegra 2(1GHz)
ストレージ容量 4GB
ディスプレー(解像度) 5.5型液晶(1024×480ドット)×2、タッチパネル機能搭載、LEDバックライト
フロントカメラ 最大解像度640×480ドット/有効画素数30万画素
リアカメラ "Exmor for mobile" CMOS センサー搭載 HDカメラ。動画解像度:最大1280×720ドット(30fps)、静止画解像度:最大2592×1944ドット。有効画素数511万画素。デジタルズーム、オートフォーカス、シーンセレクション、ホワイトバランス、露出補正が可能
センサー 3軸加速センサー、ジャイロ、デジタルコンパス、照度センサー
ネットワーク機能 無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth 2.1+EDR
インターフェース USB 2.0 Micro-B端子、ヘッドホン出力/マイク入力ほか
カードスロット microSD/SDHCメモリーカード
サイズ 開いたとき:横幅約180×縦158×厚さ14mm、閉じたとき:横幅約180×縦79×厚さ26mm
重量 約356g
バッテリー駆動時間 スタンバイ時:約260時間、音楽再生時:約18.6時間、ビデオ再生時:約7時間、Wi-Fi ウェブ閲覧時:約7時間
OS Android 3.2(4.0.3へのバージョンアップを4月下旬予定)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン