このページの本文へ

2年連続の女王戴冠なるか? 5年目のミクGTプロジェクト 第9回

GT開幕前夜! ドライバー人生を変えたGSR入り 番場 琢の決断

2012年03月30日 18時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

チーム体制が変わり、マシンも変わった2010年

──ついに2010年からはポルシェでほぼフル参戦になりました。

番場 2010年の初頭くらいにGSRから乗ってほしいというオファーがありました。しかし、GSRのチーム体制がそのときは未定だったし、僕も他のチームからオファーが来ていたので、保留ということになっていたんです。ただ、2009年に3戦乗らせてもらった恩もあるし、もしGSRの体制が整ったなら他のチームからオファーがあってもGSRに決めようと思っていました。そして、エントラントはCOXさんになり、クルマはポルシェになり、Bドラが佐々木選手になり、体制ができあがったんです。

──佐々木選手とはもともと交流あったんですか?

番場 いや、スーパー耐久で速い選手だというのは知っていて、サーキットで数回話したことがある程度だったんですが、佐々木選手なら大丈夫だろうという確信はありました。SUPER GTは初めてだけど、勝ちにいけるだろうと。速いイメージがあったんでそれほど心配はしてなかったですね。

ササキングの愛称で親しまれ、2012年に再び番場選手とタッグを組むことになった岩手のスター、佐々木雅弘選手

──それでは、ポルシェいかがでしたか? 最初は996(911 GT3 RSR)、中盤から997(911 GT3R)と2台乗った結果になりましたが。

番場 SUPER GTのレギュレーション上、型落ちのクルマは特認があるので、それもあって996(911 GT3 RSR)はかなり速かった印象です。レーシングポルシェってこれが初めての経験だったんですけど、思ったほど違和感がなくて。それまではポルシェって、ポルシェなりの乗り方があると聞いていたんですが、自分のドライビングスタイルを崩さないといけないということはなかったですね。ただ、2戦目の岡山にはちょっと合ってなかったかな。あまり良い成績は残せなかったし(関連記事)。富士では上位争いをしましたよね。スピンで帳消しになってしまいましたが……。もうそのまま家に帰ろうかと思いましたよ。

あのとき(富士のスピン)ばかりは、そのままミクポルシェで帰宅しようかと思ったほど、と当時の心境を神妙な面持ちで語ってくれた(サングラスに注目)

 997(911 GT3R)の第一印象は、とんでもないポテンシャルを秘めているな、と。電子制御がとにかく頭がいい。どこで介入して、どこで介入が終わったのかがわからないくらい自然なんですよ。こりゃスゴイクルマが来たなとビックリしました。佐々木選手も997(911 GT3R)になったら「乗れる!」と好感触だったみたいで。でも、デビュー戦のSUGOは散々な結果でした。富士でのシェイクダウンの感触が全然なくて、とにかく曲がらない。ちょっとポテンシャルを引き出せてませんでしたね。

上位を走りながらもスピンしてしまった瞬間

──ベテランの木下みつひろ選手が夏の鈴鹿戦でサードドライバーとして加入しましたが、何かを得ましたか?

番場 木下さんはほんとに細かいコトを具体的に指摘したり要求したりするんですよ。例えば、ブレーキパッドひとつとっても、どんな素材をどのくらい使ってどのくらいの圧力をかけて生成したブレーキパッドが欲しい、みたいに。それを聞いて「ええええ~!?」って(笑)。今まで考えたこともないくらい細かい部分までセットアップするんです。あと、レースウィークの組み立て方とかも勉強になりましたね。予選、決勝と1日ごとに考えるんじゃなく、全体を通した流れで考えるという。

チームの成長に一役買った、木下選手の起用

──ミクポルシェの本命と見られていた富士戦が残念ながら災害でキャンセルになってしまいましたね。

番場 そうですね。あれは天災なので仕方ないんですが、僕ら的にはモチベーションが高まっていたので、残念でしたね。韓国のレースと重なっていたんですが、チャンピオン争いをしているとはいえ、さすがに直前で「やっぱり乗れます」なんて言えるはずもなく、どちらのレースも走れないという結果に。ちょっと今年は流れがないと実感させられましたね。そして迎えた最終戦では、みなさんご存じのとおり、フォーメーションラップでスピンしてしまったという……。並々ならぬ覚悟で、いつも以上にタイヤを暖めてやろうとグリグリやってたんですが、やりすぎちゃいました。

──あれには谷口選手もブログでいろいろ書いてましたね(笑)。

番場 グリッドウォークのとき谷口さんから、「何としても#3 ハセミトミカZを押さえてくれ、俺ならここで抜いて……」みたいな感じでアドバイスをもらってましたからね。僕がうまく#3を押さえれば谷口さんもチャンピオンになれる状況だったし。谷口さん以外にも僕らを当てにして戦略を立ててたチームがいたらしいんですけど、それをフォーメーションラップで台無しにしてしまいました。

 実は谷口さんとは昔からいろいろあって、谷口さんの邪魔をしちゃったこともありましたが、逆に僕が谷口さんのところに乗り込んでいったこともあるんですよ。コースアウトさせられそうになったかなんかで。

──そんな谷口選手と、まさかチームメイトになるとは思わなかったですよね……。

番場 シーズンが終わったあとに、安藝さんから「来年も番ちゃんでやるから」と話をもらって。谷口さんより早く決まってたと思います。で、そのあとはみなさんご存じのとおり「番場だとチャンピオンは取れない」「いや番場でいく!」というやりとりがあり、無事に谷口さんに決定したわけです(笑)。

ミクポルシェの後ろに続くのは、次の年にイカ娘フェラーリとなる#27 PACIFIC NACフェラーリ。そしてこの年はカローラ、2011年に紫電へとスイッチするエヴァだ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ