このページの本文へ

2年連続の女王戴冠なるか? 5年目のミクGTプロジェクト 第9回

GT開幕前夜! ドライバー人生を変えたGSR入り 番場 琢の決断

2012年03月30日 18時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2009年のオートポリス戦で正式にGSRへ!

──その韓国レースのあとはついにGSRに正式加入しましたが。

番場 そうです。韓国のレースのあとに星名さんか誰かから「オートポリスでもう一度乗ってくれないか?」とオファーがあったんですよ。僕がミクZ4に乗るということは誰かが外されるというわけで、ちょっとためらいもあったんですけど、オファーをもらったのは純粋にうれしかったし、オートポリスと最終戦もてぎで乗らせてもらうことにしました。2009年は前半は何もなかったのに、後半になったら一気に忙しくなりましたね。2カテゴリーで走ることになるなんて、予想もしてませんでした。

──オートポリスでは完走してさらに初ポイントをチームにもたらしました。

番場 今もそうですけど、オートポリスはあのクルマにとって苦手なんです。このときも予選は一発が出るかもしれないけど、決勝は厳しいと片山エンジニアから言われてて。フロントタイヤへの攻撃性が強かったんです。実際、予選は結構なとこまで行けたんですよね。

片山エンジニアと熱心にディスカッションする番場選手

──そうですね。11位と、あとちょっとでスーパーラップでした。

番場 何もなかったところからのオファーだったので、ポイントだったり順位だったりという結果が、チームへの恩返しだと思っていました。決勝ではとあるクルマに引っかかってしまって、ストレートでは追いつけるんだけどコーナーで離されるというパターンになってしまい、しかもうまいこと抑えられちゃって。でもそのクルマがピットに入って僕がロングで引っ張ってて、一時期は3位を走ってた気がします。田ヶ原さんもピットを出たあとはきっちり走ってくれて、見事にポイント圏内で帰ってきてくれて。少しでもチームに貢献できたと、うれしかったですね。

──そのときのチームからの評価はいかがでしたか?

番場 僕はまだ普通のチームの感覚で接してたんですが、GSRはスタッフが多いじゃないですか(笑)。だから、まだ誰が誰だかわからなくて。一番喋ってたのは片山エンジニアだったかなあ。片山さんからは「良い仕事をした」と言われましたよ。

──2009年に3回乗ってみて、ミクZ4に対する評価は変わりましたか?

番場 前評判とかに比べたら全然戦えるマシンだと思いましたよ。とくに最終戦のもてぎのときには、かなり戦闘力が上がってました。田ヶ原選手たちがセットアップしてくれ、片山さんたちが寝ずにマシンを作り上げてきてくれたおかげですね。僕が乗ったから速くなったワケではないです。

 でも残念ながら、もてぎは3周でリタイアしてしまったので、僕は乗ってないんですよね。これは本当に悔しかった。マシンの手応えを感じてただけに。逆に韓国のレースは絶好調で、デビューこそ2位でしたがその次からは全部優勝してて、チームの社長との約束は果たせたかな。



──番場選手のレース人生を変えたと思われる2009年。振り返ってみるといかがでしょうか?

番場 2009年の前半は本当に最悪で、人生この先どうしようって思っていました。もう仕事変えないとダメかな、みたいに。しかし、GSRと出会ったことで大きく変わりましたね。そのあとに、韓国からオファーが来ましたし、ポッカ(鈴鹿)の前と後でそれまでの流れがガラっと変わったんですよ。そんな忘れられない年でしたね。

2009年最終戦もてぎの1コマ。この2年後、状況はガラっと変わるが同じようにレガシィB4に追いかけ回されることになる

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ