このページの本文へ

キヤノン、ファクス搭載の複合機 PIXUS MX893を発表

2012年03月22日 14時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
PIXUS MX893

 キヤノンは22日、「PIXUS」シリーズのファクス機能搭載複合機新製品、「PIXUS MX893」「PIXUS MX513」の2機種を発表した。価格はオープンプライス。

 MX893とMX513はいずれも、2011年冬モデルのPIXUSと同世代に位置付けられる製品である。MX893は「PIXUS MG5330」相当、MX513は「PIXUS MG4130」相当の複合機に、ファクス機能を搭載した製品となる(関連記事)。

 両機種ともに、前面の操作パネル部分のボタンが、選んだ機能によってボタン表示が変わる「デュアルファンクションパネル」を採用。多彩な機能の操作もわかりやすくなっている。パソコンとの接続は無線/有線LAN接続に対応。写真印刷アプリ「Easy-PhotoPrint」を使用したスマートフォンからの印刷機能にも対応している。また、受信したファクスデータを前面メモリーカードスロットに装着したメモリーカードに書き出す機能を備える。さらに、書き出したメモリーカード内のデータを、複合機自身で直接印刷する機能も備わった。

 MX893はMG5330と同様に、最小1pl・9600×2400dpiの高精細印刷エンジンを搭載し、インクには顔料ブラック+染料4色の5色独立インクを使用する。自動両面印刷/スキャンにも対応し、本体上部には35枚まで用紙をセット可能なADFを備える。ADFを搭載しながら、天板がフラットな点も特徴である。給紙機能は本体下部の前面給紙トレイと後部のトレイの2ヵ所があり、それぞれに普通紙なら150枚の用紙をセットできる。

 オンライン上のプリントサーバー経由でMX893に印刷するGoogleのサービス「Google Cloud Print」にも、2012年4月頃に対応の予定である。同機能を使えば、スマートフォンやタブレット端末などからプリンターへの印刷が容易になる。

 本体サイズは幅491×奥行き448×高さ218mm、重さは約11.7kg。同社直販サイトでの販売価格は2万9980円。発売時期は5月下旬の予定。

PIXUS MX513

 MX513は、低価格複合機の中でもやや高機能なMG4130をベースに、ファクス機能を搭載した製品に位置付けられる。印刷エンジンはMG4130と同じく、最小2pl・4800×1200dpiの新エンジンを採用し、従来機よりも印刷速度が高速化されている。インクは顔料ブラック+3色染料インクの、一体型「FINEカートリッジ」を使用する。

 30枚の用紙をセット可能なADFを本体上部に備える。自動両面印刷が可能だが、自動両面コピーには対応していない。また、Google Cloud Print機能も省かれている。給紙は前面給紙トレイに普通紙100枚をセット可能。

 本体サイズは幅458×奥行き385×高さ200mm、重さは約8.8kg。同社直販サイトでの販売価格は1万9980円。発売時期は4月上旬の予定。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン